ウィニングルーレット法とは?勝ちやすい理由とやり方を徹底解説

ウィニングルーレット法とは?勝ちやすい理由とやり方を徹底解説

カジノのルーレットには、さまざまな攻略法があります。その中で、ウィニングルーレット法に興味を持った人は多いのではないでしょうか。

「ウィニングルーレット法ってどんな戦略?」

「本当に勝てるの?」

と疑問を持っている人に向けて、ウィニングルーレット法が勝ちやすい理由や、やり方を解説します。また、ウィニングルーレット法で勝つためのコツも紹介します。この記事を読むと、すぐ実践に取り入れられるので、ぜひ参考にしてください。

2022年おすすめオンラインカジノ!

カジノ名特徴・ボーナス
レオベガス
レオベガス
・多数の受賞歴有り
【おすすめ!】
 初回入金で最大15万円の現金ボーナス
 &合計150回のフリースピン

登録ボーナスフリースピン10回
BeeBet
beebetのロゴ
・珍しいスポーツやイベントにベット可能
カジノで使える登録ボーナス$40

 ボーナスコード:GEKIATSU40(当サイト限定)
 もしくはスポーツで使える$10フリーベット
 ボーナスコード:SPORTS10
最大$500の初回入金ボーナス
遊雅堂
・安定のベラジョン系列
入金不要ボーナス3000円
最大10万円の初回入金ボーナス
ワンダーカジノ
ワンダーカジノ
・手厚いVIP待遇
最大$500の初回入金ボーナス
入金不要ボーナス$30
ベラジョンカジノ
・安心と信頼の業界最大手
入金不要ボーナス$30
最大$950の初回入金ボーナス

おすすめオンラインカジノランキングを一覧で確認したい方はこちら↓

ウィニングルーレット法はルーレットの勝率を上げる戦略

ウィニングルーレット法はルーレットの勝率を上げる戦略

ウィニングルーレット法とは、ルーレットの勝率を上げる戦略です。確率論を用いた攻略法で、1セット14ゲームを6セットプレイする方法を取ります。1セットでの最大利益は5ドルです。ウィニングルーレット法のルールは、以下をご覧ください。

  • ダブルストリートベットを用いる
  • 1セット14ゲームで6セット
  • 1セット同じエリアに賭け続ける
  • 勝ったら次のセットへ進みベットエリアを移動する
  • 敗北するごとに賭ける金額を上げる

シンプルなマニュアルにそってプレイするだけなので、ウィニングルーレット法は初心者でも実践しやすい戦略です。しかし、あくまでも100%勝てる方法ではないので、注意しましょう。

ウィニングルーレット法が勝ちやすい理由2選

ウィニングルーレット法が勝ちやすい理由2選

ウィニングルーレット法が勝ちやすい理由は、以下の2つです。

  • 14ゲーム中1勝でもすれば利益が出る
  • 出目の傾向を分析しやすい

それぞれ解説します。

①14ゲーム中1勝でもすれば利益が出る

ウィニングルーレット法は、14ゲーム中1勝でもすれば利益が出る戦略です。敗北したごとに掛金を上げることで、利益を調整します。ゲーム数と賭ける金額、利益の関係を以下の表にまとめたので、ご覧ください。なお、ダブルストリートベットに賭けるので、ペイアウト率は5倍です。

ゲーム数賭ける金額14ゲーム中1勝したときの利益
11ドル5ドル
21ドル4ドル
31ドル3ドル
41ドル2ドル
51ドル1ドル
62ドル5ドル
72ドル3ドル
82ドル1ドル
93ドル4ドル
103ドル1ドル
114ドル3ドル
125ドル4ドル
136ドル4ドル
147ドル3ドル

勝利した時点でセットを終了することで、利益を確保できます。なお、14ゲーム中に1回当たることを想定した賭け金額ですが、一回も当たらない場合は39ドルの損失が生まれます。

②出目の傾向を分析しやすい

ウィニングルーレット法を使うと、出目の傾向を分析しやすくなります。ウィニングルーレット法では賭ける場所が決まっているので、どこに賭けるかを都度迷う必要はありません。そのため、他の手法を使うときよりも、傾向の分析に集中しやすいと言えます。

初心者ほど「次はどこに賭けようかな」と迷っている間に、過去の出目を忘れてしまうことがあります。ゲーム数が増えるに従って、出目を覚えきれなくなることもあるでしょう。

ウィニングルーレット法では賭ける場所が決まっていますが、臨機応変にベットエリアを変更しても問題ありません。なぜなら、どのエリアに賭けても確率は同じだからです。出目の傾向をもとに、当たりそうなエリアに賭けることで、勝率アップが見込めます。

店舗型のカジノではメモを取ることは禁止されていますが、オンラインカジノでは自由にメモを取ることができます。出目の履歴をメモしながらプレイしてみてはいかがでしょうか。

ウィニングルーレット法のやり方

ウィニングルーレット法のやり方

ウィニングルーレット法のやり方は、以下の4ステップです。

  • ヨーロピアンルーレットを選ぶ
  • ダブルストリートベットで賭ける
  • 手順通りにゲームを進める
  • 勝ったら次のセットへ進む

それぞれ順を追って解説します。

①ヨーロピアンまたはフレンチルーレットを選ぶ

ルーレットには、ヨーロピアンとフレンチ、アメリカンの3種類があります。下記に各ルーレットのスポット数をまとめたので、ご覧ください。

ルーレットの種類スポット数
ヨーロピアンルーレット37
アメリカンルーレット38
フレンチルーレット37

ウィニングルーレット法を使うときは、ヨーロピアンルーレットやフレンチルーレットを選びましょう。アメリカンルーレットに比べてスポットが1つ少なく、その分当たりやすいためです。

②ダブルストリートベットで賭ける

ウィニングルーレット法は、ダブルストリートベットで賭ける手法です。ダブルストリートベットは、ラインベットとも呼ばれます。ダブルストリートベットの勝率は、ヨーロピアンルーレットやフレンチルーレットの場合、6/37(約16%)です。理論上は6〜7回に1回当たる計算なので、14ゲーム中に1回当たる可能性は高いと言えます。

③手順通りにゲームを進める

上記ルールを理解したら、手順通りにゲームを進めましょう。ゲーム数に応じた賭け金額は、以下の通りです。

ゲーム数賭け金額
1~51ドル
6~82ドル
9、103ドル
114ドル
125ドル
136ドル
147ドル

手順を守らないと効果がなくなってしまうので、手順を守ってプレイすることがポイントです。

④勝ったら次のセットへ進む

勝利したら次のセットに進み、ベットエリアを順番に移動します。同じ手順で6セット終えたら、ウィニングルーレット法は終了です。賭け金額が決まっており、かんたんな戦略なので、ぜひ実践してみてください。

ウィニングルーレット法を試すなら、ベラジョンカジノがおすすめです。完全日本語対応で、日本人プレーヤーからの支持も厚いです。各種ボーナスを使えば、少ない元手でもプレイできます。ルーレットゲームも豊富にあるので、ぜひ下記より登録してみてください。

>>日本人人気No.1オンカジ!<<
入金不要ボーナス$30&最大$500の100%入金ボーナスをGET!

ベラジョンカジノ バナーリンク

ウィニングルーレット法の注意点3つ

ウィニングルーレット法の注意点3つ

ウィニングルーレット法の注意点は、以下の3つです。

  • 1セットで最大39ドルの損失がでる可能性がある
  • 234ドルの元手が必要
  • 記録を取らないと出目の傾向を分析できない

それぞれ詳しく解説します。

①1セットで最大39ドルの損失が出る可能性がある

1セットで使う金額は、最大で39ドルです。14ゲーム全て敗北すると39ドルの損失になるので、注意しましょう。1セットの勝ち金は1〜5ドルなので、39ドルの損失を取り返すには、8セット〜39セット勝たなければなりません。

そのため、1セットの負けを取り返すには、大きな時間とお金がかかってしまいます。しかし、賭け金額を倍々に増やすマーチンゲール法よりは損失額が少なく済むので、比較的低リスクな手法と言えます。

②234ドルの元手が必要

1セットにつき39ドルの元手が必要なので、6セットプレイするために必要な資金は234ドルです。6セット全て負ける可能性は低いですが、元手を用意できないと、途中で破綻する可能性があります。しかし、逆に言えば損失額が最大234ドルと決まっているので、リスク管理はしやすいでしょう。

③記録を取らないと出目の傾向を分析できない

出目の傾向を分析するには、記録を取る必要があります。何も考えずに賭けても成立する手法ではありますが、少しでも勝率を上げたいなら、出目の記録を取ることは必須と言えます。

ウィニングルーレット法のFAQ

ウィニングルーレット法のFAQ

ダブルストリートベットをする方法は?

1と4の下あたりにカーソルを合わせることで、ダブルストリートベットを選択できます。

ルーレットの種類が多いですが、どのような違いがありますか?

それぞれ、0の数や、アウトサイドベットの配置、ルールが違います。ウィニングルーレット法を実践するには、スポットの数が少ないヨーロピアンかフレンチルーレットがおすすめです。

まとめ:オンラインカジノでウィニングルーレット法を試してみよう

ウィニングルーレット法のやり方や勝つためのコツ、注意点を解説しました。重要なポイントはいくつかありますが、まずはルールを把握してその通りにプレイすることが大切です。また、出目の傾向を掴むことで、勝率を上げられる可能性があります。冷静に分析しながら、次にボールが落ちるスポットを推測してみてください。

テーブルゲーム攻略情報