ピラミッド法(ダランベール法)とは?メリットやデメリットを解説

ピラミッド法(ダランベール法)とは?メリットやデメリットを解説

お金さん

お金さん

オンラインカジノにはさまざまな攻略法がありますが、中には数学的な手法も存在します。ピラミッド法(ダランベール法)はその一つであり、どのような手法か気になる人もいるでしょう。

今回は、ピラミッド法の使い方を徹底解説。ピラミッド法を使う際のメリット・デメリットや、ピラミッド法と相性の良いゲーム・オンラインカジノも紹介します。

この記事を読めば、ピラミッド法に関する理解を深められます。ピラミッド法に興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

ピラミッド法はローリスクローリターンの手法

ピラミッド法はローリスクローリターンの手法

ピラミッド法とは、ローリスクローリターンな攻略法です。勝率がほぼ1/2かつオッズがほぼ2倍のゲームに利用できます。ピラミッド法の使い方は、以下の通りです。

  1. 最初の賭け金を決める
  2. 賭け金をいくら単位で増減させるかを決める
  3. 前のゲームに勝ったら次戦の賭け金を1単位減らし、負けたら賭け金を1単位増やす
  4. 賭け金が1単位の金額と同額の状態でゲームに勝った場合は、賭け金を変えない

以上の簡単な流れで、ピラミッド法は使えます。難しいところは特にないので、オンラインカジノ初心者の人でも取り入れやすい手法です。

ピラミッド法のメリット3選

ピラミッド法のメリット3選

ピラミッド法を採用した際のメリットは主に以下の3つです。

  • 数学に基づいておりリスクが低い
  • 勝率が五分でも利益が残る
  • 負け越しても利益が残ることもある

それぞれ詳しく解説します。

①数学に基づいておりリスクが低い

ピラミッド法は、18世紀ごろにフランスの歴史的な数学者ダランベールによって考案された攻略法です。オンラインカジノにはさまざまな攻略法がある中で、ピラミッド法は数学に基づいているため、手堅く利益を上げられることが特徴です。

賭け金の増減単位を調整すれば、リスクが低い手法にできます。資金を一気に減らす可能性がほとんどないため、オンラインカジノ初心者の人でも安心して始められることがメリットです。

②勝率が五分でも利益が残る

同じ金額をずっと賭けている場合、勝率が五分ならば利益は出ません。しかし、ピラミッド法なら勝率が五分だとしても利益が残る確率が高いです。例として、以下のケースを考えてみましょう。

  • ゲーム回数は10回
  • 最初の賭け金を5ドル
  • 増減の1単位は1ドル
  • 5連敗した後に5連勝する

上記の収支をシミュレーションした結果は、以下の通りです。

ゲーム勝敗賭け金配当合計の収支
1負け5-5-5
2負け6-6-11
3負け7-7-18
4負け8-8-26
5負け9-9-35
6勝ち10+10-25
7勝ち9+9-16
8勝ち8+8-8
9勝ち7+7-1
10勝ち6+6+5

なお、勝ち負けが交互に続いたときも、利益が残ることがわかります。

ゲーム勝敗賭け金配当合計の収支
1勝ち5+5+5
2負け4-4+1
3勝ち5+5+6
4負け4-4+2
5勝ち5+5+7
6負け4-4+3
7勝ち5+5+8
8負け4-4+4
9勝ち5+5+9
10負け4-4+5

勝率が1/2のゲームで実践すれば、利益を上げやすいでしょう。

③負け越しても利益が残ることもある

ゲームに負け越した場合、大抵収支はマイナスです。しかし、ピラミッド法を使えば、負け越しても利益が残る可能性が十分にあります。具体的には、以下のような例が考えられます。

  • ゲーム回数13回
  • 戦績は6勝7敗
  • 最初の賭け金を5ドル
  • 増減の1単位は1ドル

上記の収支をシミュレーションした結果は、以下の通りです。

ゲーム勝敗賭け金配当合計の収支
1負け5-5-5
2負け6-6-11
3勝ち7+7-4
4負け6-6-10
5勝ち7+7-3
6負け6-6-9
7勝ち7+7-2
8負け6-6-8
9勝ち7+7-1
10負け6-6-7
11勝ち7+70
12負け6-6-6
13勝ち7+7+1

通算では負け越しているにもかかわらず、収支がプラスになる可能性があることが、ピラミッド法の大きな魅力です。

ピラミッド法のデメリット2選

ピラミッド法のデメリット2選

ピラミッド法は魅力的な投資法ではありますが、一方でデメリットも存在します。主なデメリットは以下の2つです。

  • 大勝ちは狙えない
  • 勝敗の組み合わせによっては利益が少ない

それぞれ詳しく解説します。

①大勝ちは狙えない

ピラミッド法ではゲームに勝つごとに賭け金が減っていくため、大勝ちは狙えません。勝利を重ねれば重ねるほど、トータルの収支が伸びにくくなっていきます。

ただし、このデメリットは、ピラミッド法の堅実さの裏返しでもあります。着実に利益を増やしたい人はピラミッド法に向いており、大勝ちして一気に利益を増やしたい人は向いていないと言えるでしょう。

②勝敗の組み合わせによっては利益が少ない

ピラミッド法では、勝率が五分でも収支プラスになるケースが多い一方で、勝敗の組み合わせによっては利益が少なくなる可能性があります。特に最初の賭け金が低く、序盤に連勝する場合によく見られます。具体例を見てみましょう。

  • ゲーム回数10回
  • 5連勝した後に5連敗する
  • 最初の賭け金は2ドル
  • 増減の1単位は1ドル

上記の収支をシミュレーションした結果は、以下の通りです。

ゲーム勝敗賭け金配当合計の収支
1勝ち2+2+2
2勝ち1+1+3
3勝ち1+1+4
4勝ち1+1+5
5勝ち1+1+6
6負け1-1+5
7負け2-2+3
8負け3-30
9負け4-4-4
10負け5-5-9

合計収支がマイナスになった原因は「賭け金が1単位の金額と同額のときに勝った場合は、次ゲームの賭け金を変えない」というルールです。このパターンにはまったときは、要注意です。

ピラミッド法を使うのにおすすめのゲーム3選

ピラミッド法を使うのにおすすめのゲーム3選

ピラミッド法を使う際におすすめのゲームは以下の3つです。

  • バカラ
  • ルーレット
  • ブラックジャック

いずれのゲームにも、ピラミッド法が適している明確な理由が存在します。それぞれ詳しく解説します。

①バカラ|バンカー賭けに使いやすい

バカラとはトランプを用いたゲームで「プレイヤー」と「バンカー」のどちらが勝利するかを予想します。勝率がほぼ1/2かつオッズがほぼ2倍であるので、バカラはピラミッド法に適したゲームと言えます。

バカラではバンカー勝利のオッズが1.95倍ですが、勝率はバンカー側の方がやや高いです。ピラミッド法は長期的にみて利益を上げる賭け方であるため、勝率が高いバンカー賭けに向いている手法です。

②ルーレット|3つの賭け方で使える

ルーレットはカジノを代表するゲームであり、遊べるオンラインカジノも多いです。ルーレットにはさまざまな賭け方がありますが、ピラミッド法は赤黒賭け・ハイロー賭け・奇数偶数賭けで使えます。

上記3つの的中率は18/37(48.64%)、配当倍率が2倍です。勝率がほぼ1/2かつオッズがほぼ2倍の条件を満たすので、ピラミッド法が威力を発揮します。

ルーレットには他にもいくつかの賭け方がありますが、勝率がほぼ1/2かつオッズがほぼ2倍であるものは上記以外にはありません。他の賭け方で勝負する場合、ピラミッド法は採用できないので、注意しましょう。

③ブラックジャック|2倍配当賭けで使える

ブラックジャックはトランプを用いたゲームであり、至ってシンプルなルールが特徴です。ディーラーとプレイヤーの1対1の勝負であるため、ピラミッド法は2倍配当賭けで使用可能です。

ブラックジャックは還元率が96%以上である場合が多いため、特に稼ぎやすいカジノゲームとも言われています。その稼ぎやすさから、堅実に利益を増やしていくピラミッド法との相性は問題ないでしょう。

ピラミッド法を使うならベラジョンカジノがおすすめ

ピラミッド法を使うならベラジョンカジノがおすすめ
取得ライセンスキュラソー政府
対応デバイスパソコン・スマートフォン・タブレットなど
入金方法クレジットカード・電子マネー・ポイントカップ・仮想通貨など
出金方法各種電子マネー(ecoPayz・iWallet・Vega Walletなど)・国内の銀行口座・仮想通貨など
ライブカジノの種類バカラロビー・ブラックジャックロビー・ルーレットロビー・ジャパニーズバカラ・クレイジータイムなど
入金ボーナスあり

オンラインカジノでピラミッド法を使いたいなら、ベラジョンカジノがおすすめです。ベラジョンカジノは11年の歴史をもつ老舗のオンラインカジノです。24時間365日プレイ可能であり、2000種類以上のカジノゲームが用意されています。バカラやルーレット、ブラックジャックのゲームもあるので、ピラミッド法を使うならベラジョンカジノをプレイしてみましょう。

>>日本人人気No.1オンカジ!<<
入金不要ボーナス$30&最大$500の100%入金ボーナスをGET!

ベラジョンカジノ バナーリンク

ピラミッド法のFAQ

ピラミッド法のFAQ

連敗してもピラミッド法を続けるべき?

連敗した場合は、ピラミッド法を続けるべきではありません。連敗が続くほど賭け金が増えていき、収支が大きなマイナスとなる可能性もあります。

ピラミッド法が禁止されているゲームはある?

オンラインカジノの中には、ピラミッド法が禁止されているところがあります。例えば、「カジ旅」では一定のルールに沿って賭けるシステムベットが禁じられているため、ピラミッド法は使えません。ピラミッド法を使いたいときは、事前に利用規約を確認する必要があります。

まとめ:ピラミッド法を活用してゲームに勝利しよう

ピラミッド法は勝敗に応じて賭け金を変更する賭け方であり、堅実な利益の増加を目的とした手法です。オンラインカジノにおいて上手く利用できれば、ゲーム自体にあまり勝てなくても収支をプラスに持ち込めます

ピラミッド法には明確なメリットとデメリット、そして使うのにおすすめのゲームがあります。使い方や注意すべきポイントを正しく理解し、上手に利益を上げていきましょう。

テーブルゲーム攻略情報