ポーカーにジョーカーを入れたときの役割とルールを徹底解説

ポーカーにジョーカーを入れたときの役割とルールを徹底解説

お金さん

お金さん

ポーカーにジョーカーを入れてもいいのか迷う人は多いのではないでしょうか。ポーカーでは基本的に、ジョーカーを入れません。

もし入れた場合はいつもとルールが異なる上に、役の強さが変わってきます。ポーカーではジョーカーを入れないルールがスタンダードですが、入れる場合の遊び方を知っておくと、より一層楽しめるでしょう。

この記事では、ポーカーにジョーカーを入れた場合の役割とルールを解説します。ジョーカーを入れたポーカーの楽しみ方がわかるようになっているので、ぜひ参考にしてみてください。

ポーカーにジョーカーを入れる場合の呼称と役割

ポーカーにジョーカーを入れる場合の呼称と役割

ポーカーにジョーカーを入れてプレイした場合、ゲームの呼称やルールがいつもと異なるので、注意が必要です。ここからは、ジョーカー入りのポーカーで楽しむために押さえるべきポイントを解説します。

①名称は「ワイルドポーカー」

ジョーカーを使ったポーカーは「ワイルドポーカー」と呼ばれ特別な役割が設けられています。

ポーカーには以下のように、数多くの種類があります。

  • 3カードポーカー
  • テキサスホールデム
  • パイガオポーカー

上記と同じように、ワイルドポーカーはポーカーの種類の1つです。

②「ワイルドカード」の主な役割

ワイルドカードの役割は、プレイヤーが希望する他のカードへ代用できることです。

例えば、あなたの手札が「♡3♡4♡6♡7+ジョーカー」だった場合、ジョーカーを「♡5」に代用すればストレートフラッシュを完成させられます

上述した例のように、ジョーカーの役割は「すべての数字とマークに代用できる特別なカード」と覚えておきましょう。ジョーカーが手元にあるだけで、ゲームを有利に進められます。

ワイルドポーカーにおけるジョーカーの強さを解説

ワイルドポーカーにおけるジョーカーの強さを解説

ジョーカーを使ったワイルドポーカーは、一般的なポーカーのルールと異なります。

  1. ジョーカーとエースの序列について
  2. 同じ役ならジョーカー無しの方が強い
  3. 最強の役は「ファイブカード」

これからワイルドポーカーで遊ぶ予定のプレイヤーは、ぜひ覚えておきましょう。

①ジョーカーとエースの序列について

ジョーカーとエースでは役割が異なるので、両者の間に序列はありません。ジョーカはあくまで「手役を作りやすくなる万能カード」で、手元にあるだけで最低ワンペア以上が確定します。

一方の「A」は最も強い数字です。例えば「AA」と「KK」のワンペアだった場合、前者のほうが強いことになります。

「すべてのカードに応用できるジョーカーのほうが強い」と思っている人は注意しましょう。ジョーカーと「A」の役割を混同しないように気をつけてください。

②同じ役ならジョーカー無しの方が強い

自分と相手の役が同じ場合は、ジョーカーなしのプレイヤーが勝ちになります。よくある例として、フラッシュのジョーカーあり・なしのケースを比較してみましょう。

  • Aさん:♡3♡7♡10♡K♡A
  • Bさん:♡3♡7♡K♡A+ジョーカー

今回の勝者は、ジョーカーなしで役を揃えているAさんです。一見するとAさん・Bさんとも同じ♡のフラッシュで、最も大きい数字がAなので引き分けに思えます。

しかし「同じ役ならジョーカーなしのほうが強い」というルールがあることから、Aさんの勝ちとなります。

ジョーカーのメリットは、役を成立させやすいことです。しかし、相手と同じ役だった場合は負けになってしまうことも、デメリットとして覚えておく必要があります。

③最強の役は「ファイブカード」

ワイルドポーカーの場合、最も強い役は「ファイブカード」で、一般的なポーカーで最強の「ロイヤルストレートフラッシュ」よりも上位となります。

ファイブカードとは、同じ数字4つ+ジョーカーの組み合わせのことです。ファイブカードの中でも最強なのは「A×4枚+ワイルドカード」です。ファイブカードが揃った場合は「絶対勝利」と言っても過言ではありません。

ただし、ゲームによっては「ファイブカード<ロイヤルストレートフラッシュ」となっている場合もあります。そのため、ワイルドポーカーで遊ぶ前に役の強さを確認しておきましょう。

ジョーカーを使ったポーカーの強さ一覧と出現確率

ジョーカーを使ったポーカーの強さ一覧と出現確率

ワイルドポーカーで代表的な役の完成率を、以下の表にまとめてみました。

確率
ファイブカード0.00022%
ロイヤルストレートフラッシュ0.00015%
ストレートフラッシュ0.00139%
フォーカード0.024%
フルハウス0.144%
フラッシュ0.198%
ストレート0.392%
スリーカード2.11%
ツーペア4.75%
ワンペア42.3%
ハイカード(役なし)50.1%

ここからは、ワイルドポーカーの代表的な役5つを、完成確率とともに紹介します。

  1. ファイブカード
  2. ロイヤルストレートフラッシュ
  3. ストレートフラッシュ
  4. フラッシュ
  5. ツーペア

完成させたい役を確認してみてください。

①ファイブカード

完成確率0.00022%
条件4つの同じ数字+ジョーカー
レア度★★★★★

ファイブカードの出現率は約0.00022%と、天文学的とも言える数値です。実際にポーカーの役の中で最も完成確率が低いです。

一回でも出現させたら、友達に自慢できるレベルと言えます。

②ロイヤルストレートフラッシュ

完成確率0.00015%
条件同じマークで10・J・Q・K・Aの数字が揃う
レア度★★★★★

ロイヤルストレートフラッシュは同じマークで、「10,J,Q,K,A」のカードを揃える必要があります。ワイルドポーカーではファイブカードの次点の強さであるものの、一般的なポーカーでは最強の役です。

ちなみに、ロイヤルストレートフラッシュが完成する確率は、年末ジャンボ宝くじで2等賞を当てるのと同じくらいと言われています。

③ストレートフラッシュ

完成確率0.00139%
主なカード同じマークで5連の数字
レア度★★★★★

5枚のカードが同一マークで、なおかつ番号が続いている役がストレートフラッシュです。ただでさえ確率が低い「ストレート」と「フラッシュ」の両方が揃っていることから、非常に強力な役です。

④フラッシュ

完成確率0.198%
主なカードすべて同じマークのカード5枚
レア度★★★★☆

フラッシュの出現確率は、約0.198%。おおよそ500回に1回の確率で出現します。フラッシュが完成したら、勝ちを意識するプレイヤーは多いでしょう。

フラッシュを完成させるのは大変ですが、それでもロイヤルストレートフラッシュに比べるとかなり高い確率と言えます。

⑤ツーペア

完成確率4.75%
主なカード同じ数字ペア×2セット
レア度★★☆☆☆

ツーペアは5枚のカードで2つのペアができる役です。完成確率は約4.75%であり、おおよそ25分の1で出現します。ゲーム中で1回くらいは出現する役であることから、さほど強いとは言えません。

そのため勝負を続行するか否かは、相手の表情や仕草を確認しながら判断しましょう。

【注意】ポーカーは基本的にジョーカーを入れない

【注意】ポーカーは基本的にジョーカーを入れない

ここまでワイルドポーカーについて解説してきましたが、ポーカーでは基本的にジョーカーは入れません。ワイルドポーカーはあくまで特殊なルールだからです。

とくにオンラインカジノでは、ジョーカーを入れたワイルドポーカーはプレイヤー側に圧倒的に有利です。そのため、ワイルドポーカーを見つけたらぜひプレイしてみてください。

対面でプレイするときは、ワイルドカードが適用されていないか確認しておくといいでしょう。

ポーカーのジョーカーでよくある質問

ポーカーのジョーカーでよくある質問

ポーカー大会でワイルドポーカーは適用される?

適用されません。ワイルドポーカーはあくまで特殊ルールです。ポーカーの世界大会として有名なWSOPなどではジョーカーは使いません。
ただし、ワイルドポーカー専用の大会はあります。ワイルドポーカーで遊びたい人は、ぜひ専用の大会に出場するといいでしょう。

ジョーカーは2枚入っていることもあるの?

ありません。2枚入っていると完全に同じ役が完成する可能性があり、ゲームとして成立しないためです。そのため、ワイルドポーカーであなたの手札にジョーカーが来た場合は、相手よりも有利に役を完成させられます。

ポーカーにジョーカーを入れれば通常と違うゲームを楽める

ポーカーにジョーカーを入れると、いつもと違った面白さが感じられます。なかなか完成しないレア役にお目にかかるチャンスが高まり、ポーカーの楽しさがさらに増すでしょう。

気軽にポーカーを楽しみたいなら、オンラインカジノがおすすめです。人気のベラジョンカジノなら豊富な種類のポーカーが遊べます。ワイルドポーカーも含めたさまざまなポーカーで遊んでみてください。

>>日本人人気No.1オンカジ!<<
入金不要ボーナス$30&最大$500の100%入金ボーナスをGET!

テーブルゲーム攻略情報