4人で遊べるおすすめトランプゲーム10選|ルールから必勝法までご紹介

4人で遊べるおすすめトランプゲーム10選|ルールから必勝法までご紹介

激アツ君

激アツ君

トランプはパーティーゲームの定番として、多くの方が遊んだ経験があるでしょう。

ババ抜き、ジジ抜き、神経衰弱などは誰もが知っていますが、その他にもみんなで盛り上がれるトランプゲームはたくさんあります。

そこで今回は4人で遊べるトランプゲームからおすすめの10種類を紹介します。

それぞれの必勝法も解説するので、ぜひ本記事を参考にして、トランプゲームを使ってみんなで盛り上がりましょう。

2022年おすすめオンラインカジノ!

カジノ名特徴・ボーナス
レオベガス
レオベガス
・多数の受賞歴有り
【おすすめ!】
 初回入金で最大15万円の現金ボーナス
 &合計150回のフリースピン

登録ボーナスフリースピン10回
BeeBet
beebetのロゴ
・珍しいスポーツやイベントにベット可能
カジノで使える登録ボーナス$40

 ボーナスコード:GEKIATSU40(当サイト限定)
 もしくはスポーツで使える$10フリーベット
 ボーナスコード:SPORTS10
最大$500の初回入金ボーナス
遊雅堂
・安定のベラジョン系列
入金不要ボーナス3000円
最大10万円の初回入金ボーナス
ワンダーカジノ
ワンダーカジノ
・手厚いVIP待遇
最大$500の初回入金ボーナス
入金不要ボーナス$30
ベラジョンカジノ
・安心と信頼の業界最大手
入金不要ボーナス$30
最大$950の初回入金ボーナス

おすすめオンラインカジノランキングを一覧で確認したい方はこちら↓

みんなが知っている定番トランプゲーム10選

トランプの画像

まずは定番のみんなが知っているトランプゲーム10選を紹介します。

ゲーム名対応人数ルール
ババ抜き3~4人カードを順番に引いていき、ジョーカーが残った人の負けになるゲーム
神経衰弱3~4人裏返したトランプからペアになる2枚を当てるゲーム
七並べ3~4人最初に7のトランプを場に並べ、前後の数字を順番に出していくゲーム
ジジ抜き2~4人ババ抜きと同じルールで、好きなカードを1枚抜いて遊ぶゲーム
ダウト4人相手が出すカードと数字が合っているかどうかを当てるゲーム
ぶたのしっぽ2~4人カードを裏返して円状に配置し、一枚ずつめくって中央に老いていくゲーム
大富豪2~4人弱いカードから順番に出していき、手札を早く使い切った人が勝つゲーム
ポーカー4人手札を5枚に揃えて、カードを交換しながら強い役を作っていくゲーム
ジンラミー2人or4人カードを10枚ずつ配り、交換しながら組み合わせて低い点数を狙うゲーム
セブンブリッジ4人ジョーカーを除いた52枚で手札を場に出し、最初に手札を使い切った人が勝つゲーム

相手の表情などを読み合って楽しむババ抜き

カードをみんなで引くシンプルなゲームで、子供から大人まで楽しめるゲームです。

カードを引く際は相手の表情からジョーカーがあるかどうかを読み合う楽しさがあります。

ババ抜きの手順は次の通りです。

  • ジョーカーを入れた53枚からプレイヤーに手札を配る
  • 手札に数字のペアがあれば、数字がわかるように場に捨てる
  • じゃんけんをして勝った人から時計回りにカード1枚引く
  • カードを引かれた人も同じように次の人のカードを引く
  • 繰り返していって、最後にジョーカーが手札に残っていた人の負け

ババ抜きの必勝法

運の要素が強く、必勝法などないように思われるババ抜きですが、実は負けないテクニックがあります。

ポイントは次の3つです。

  • カードの位置を相手が引きやすい場所に配置する
  • 前の人が引いたカードを自分も引く
  • 相手の目線に注目する

相手は自分から見て引きやすい方から取っていくことが多いため、相手の利き手側に引いて欲しいカードを置くようにしましょう

カードの枚数が減ってきたら、前の人が引いたカードを自分が引いてみてください。他の人が揃わなかったカードであれば、自分のペアを作る時に役立つ可能性があります。

また、最後の2人になった時に大事なことが、相手の目線に注目することです。人は無意識にジョーカーのある方を見てしまうため、シャッフルした瞬間に見た方を引くのは避けましょう。

記憶力が試される神経衰弱

神経衰弱は順番よりもどこにカードがあるか、瞬間的に記憶する能力が大切です。

役を覚える必要もないため、子供から大人まで楽しむことができます。

神経衰弱の遊び方は次の通りです。

  • カードをシャッフルし、裏向きにして場に並べる
  • カードを並べ終わったら、じゃんけんでスタートする人を決める
  • 裏向きにしたカードから2枚をめくる
  • めくった2枚の数字が同じなら手札に加え、違ったら再び裏向きに戻す
  • めくった2枚の数字を当てれば、続けて2枚めくることができる
  • すべてのカードが取られるまで順番に繰り返す

神経衰弱の必勝法

記憶力が重要な神経衰弱ですが、記憶力に自信がない方でも勝てる方法があります。ポイントは次の2つです。

  • 全部を覚えようとしないこと
  • 場を4つのエリアに分けて覚えること

神経衰弱では数字を見ることができるのはわずかな時間だけで、裏返しになれば模様が同じで区別はつきません。すべてのカードの位置と数字を覚えようとしても、限界があります。

そのため、全部を覚えようとせず、自分が覚えやすいものだけを把握しましょう。

また、場を大きく4つのエリアに分けて、その中でいくつかのカードの位置と数字を記憶するとさらに覚えやすくなります。

エリア分けと一部だけ覚える、これを繰り返せば記憶力に自信がなくてもゲームを有利に進められるでしょう。

子供と一緒に楽しめる七並べ

隣り合う数字を順番に出していくシンプルなゲームなので、子供と一緒に遊ぶことも可能です。

大人同士でやるなら駆け引きもあり、作戦も必要なゲームに早変わりします。

七並べの遊び方は次の通りです。

  • プレイヤーにカードを配り、手札から7のカードを場に出して並べていく
  • 7の前後の6または8のカードを順番に出していく
  • 場に出ている数字に隣り合う数字のカードを出す
  • 先に手札を全て使い切った人の勝ち

七並べのおすすめ必勝法

七並べには配られた手札で戦うという運の要素もありますが、負けないための作戦も重要です。

そのために実践するポイントは次の通りです。

  • 自分が連続で出せるカードは出していく
  • AやKなどの端のカードを優先して出す
  • パスを利用する

まず連続して出せるカードがあるなら、積極的に出しましょう。自分が連続で出すことで、手札を減らすとともに他のプレイヤーが出せる選択肢を作ります。

AやKなどの端にあるカードは、出せるようになるまで時間が掛かるため、優先して出せるように道筋を立てましょう。

出せる手札が少なく、厳しい時には一旦パスして他の人にカードを出させるのも戦略のひとつです。

自分がカードを止めていれば、他のプレイヤーも手札を出せません。パスを上手く使って選択肢を増やしましょう。

ババ抜きと同じくらい人気があるジジ抜き

ババ抜きとルールはほとんど同じですが、ジョーカーがババではないのが特徴です。

毎回ジジは変わるため、どのカードがジジかわからない緊張感があり、駆け引きを楽しめます。

ジジ抜きの遊び方は次の通りです。

  • ジジにするカードを選び、山札から抜く
  • カードをプレイヤーに配り、ペアになるカードは捨てる
  • じゃんけんでスタート地点を決め、時計回りにカードを引いていく
  • カードの数字がペアになったら場に捨てる
  • 先に手札がなくなった人の勝ち

ジジ抜きのおすすめ必勝法

ジジ抜きでは、ババ抜きとほぼ同じ必勝法があります。それは前の相手が引いたカードを今度は自分が引くことです。

ジジ抜きの場合、ババ抜きのようにどれがジョーカーになるかわかりません。

そのため、カードの配置を変える作戦はあまり意味がないでしょう。しかし、直前に相手が引いてペアにならなかったカードは、自分の手札とペアになる可能性が高くなります。

相手の嘘を見抜けるかが勝敗の鍵!ダウト

ダウトは相手の嘘を見抜けるかどうかが勝利の鍵になっており、プレイヤー同士の心理戦を楽しむゲームです。

あえて素直にカードを出し続けることもできますし、全く違うカードを出すこともできます。

ダウトの遊び方は次の通りです。

  • 4人に1~13までのカードを配る
  • 順番に1,2,3と、出すカードの数字を言いながら場に出していく
  • 相手の口に出した数字と、場に出すカードが違うと思ったら「ダウト!」と声を出す
  • ダウトが成功すれば、見破られたプレイヤーは場に捨てられたカードを手札に加える
  • ダウトが失敗したら、場に捨てられたカードを自分の手札に加える
  • 13のKまで出し終えたら、再度1からスタートする
  • 最終的に手札がすべてなくなった人が勝ち

ダウトのおすすめ必勝法

相手との駆け引きが必要なダウトにも、実は必勝法が存在します。それは1~13までのカードを1枚ずつ持つことです。

同じ数字が手札にある場合には、そのカードから優先して捨てていきます。

そして1~13までのカードが1枚ずつ揃ったら、その後は宣言通りの数字を場に出すだけです。

相手がダウトをしてきても宣言通りのカードであれば、ダウトを宣言した相手が損をするだけに終わります。

ただし、順番を考えてカードを出さないと宣言通りの数字を場に出せず、ダウトされてしまうので注意しましょう。

運の強さがわかるぶたのしっぽ

ルールが簡単で子供でも覚えやすいため、家族で楽しむときにもおすすめのゲームです。

どのようなカードを引くかは運に左右されるので、運がよければ手札をほとんど持つことなく終わることもあります。

ぶたのしっぽの遊び方は次の通りです。

  • シャッフルしたカードを裏向きにし、円を描くようにして場に並べる
  • 裏向きになったカードから好きなものを順番に引き、円の中心に出していく
  • 場に出したカードが前に出したカードと同じマークなら、中心に出されたカードを手札に加える
  • カードがなくなるまでカードを引いていき、最後に手札が少ない人の勝ち

ぶたのしっぽのおすすめ必勝法

運の要素が大きいぶたのしっぽですが、ちょっとした記憶で勝ちやすくなります。

中盤から終盤にかけて手札がある場合に、ポイントを知っていると勝率が上がります。

大事なポイントは赤と黒が何枚くらい場に出ているか覚えることです。

トランプは52枚のカードで成り立ち、赤と黒はそれぞれ26枚ずつ存在します。

細かくどのマークが出たか覚えなくても、どっちの色が何枚くらい場に出ているかわかれば、次に自分の出す手札を選びやすくなります。

手札があるとき限定のポイントですが、ぶたのしっぽで遊ぶときはぜひ試してみてください。

幅広い世代に親しまれている大富豪

大富豪は地域によってルールが異なり、ルールを細かくカスタマイズできる珍しいトランプゲームの1つです。カードは2が最も強く、3が最も弱いとされています。

先に手札を使い切れば勝ちというシンプルなルールですが、駆け引きの要素も強いため、幅広い年代の方に楽しんでいただけるでしょう。

大富豪の遊び方は次の通りです。

  • カードを裏向きで配る
  • 親が1枚カードを出し、順番にもっと強いカードを出していく
  • カードは最弱が3、最も強いのが2またはジョーカー
  • 誰もカードが出せなくなったら、最後にカードを出した人からスタート
  • 手札をすべて使い切った人から勝ち

大富豪のおすすめ必勝法

大富豪の細かい戦略は状況に応じて変わりますが、大きなポイントを紹介します。

  • 弱いカードは早めに切る
  • 自分の順番で終わるカードを利用する

まず、終盤に弱いカードが残っていると、パスが増えやすくなるため、早めに弱いカードを切っていきましょう。

また弱いカードを使い切るためには、自分の順番で他のプレイヤーの動きを封じることも効果的です。

具体的にはジョーカー、2、8などを利用して、自分の順番で終わらせると良いでしょう。

カジノにいる気分を味わえるポーカー

ポーカーは手札に役を作り、プレイヤーの中で最も強い役を揃えた人が勝利になるゲームです。カードの強さはAが最も強く、2が最も弱い数字になります。

ポーカーにも色々な遊び方がありますが、どれも記憶力と駆け引きが勝負の鍵となる大人のゲームといえるでしょう。

ポーカーの遊び方は次の通りです。

  • カード2枚からスタート
  • チェック、ベット、フォールドから行動を選択する
  • 選択したら山札から3枚のカード引いて、表向きにして場に並べる
  • 場に置かれた3枚と手札の2枚を見て、次の行動を選ぶ
  • カードを1枚ずつ場に並べ、全部で5枚になるまでターンを続ける
  • 手札2枚と場に出た5枚の合計7枚から、5枚組み合わせて役を作る
  • 他のプレイヤーよりも強い役を作れていれば勝ち

ポーカーのおすすめ必勝法

ポーカーは心理戦だけでなく、手札のカードから勝てる勝負かどうかを判断する力も重要です。

次の用語を覚えて、勝負するかどうか判断するポイントにしてみましょう。

  • モンスター:AA、KK、QQ、JJのワンペア
  • トップペア:AK、AQ、AJ、KQの強いカード2枚
  • スーテッドコネクター:同じマークのQJ~89の2枚
  • Aのスーテッド:同じマークのA9~A2の2枚
  • ポケットペア:2枚とも同じマークでモンスター以外の手札

上記のカードが手札に揃っているときは、そのまま勝負に出ても勝ちやすくなります。

特にモンスター、トップペアが来た場合には勝率が高いので、積極的に勝負に出てみましょう。

4人はもちろん2人でも遊べる!ジンラミー

ジンラミーは手札の合計点数を10点以下にするゲームです。

1~10が数字通りの点数、JQKは10点とされており、同じ数字3枚以上の組み合わせか、同じマークの3連続の数字の組み合わせなら0点になります。

ジンラミーの遊び方は次の通りです。

  • カードを4人に10枚ずつ配る
  • 残ったカードは山札として、裏向きで場に置く
  • 配られた10枚を変更するか決め、準備が出来たらスタート
  • 順番に山札からカードを引き、1枚ずつ交換する
  • 手札を交換しながら、手札のカードを3枚以上揃える
  • 手札の得点が10点以下になったとき、「ストップ!」と宣言して手札を公開する
  • ストップを宣言した人以外のプレイヤーは、公開されたカードと同じ数字またはカードの組み合わせがある場合、自分の点数を0にすることができる
  • 最終的に手元に残ったカードの得点が最も低いプレイヤーが勝ち

ジンラミーのおすすめ必勝法

ジンラミーは同じマークの連続した数字3枚以上または、同じ数字3枚以上を組み合わせて得点を0にします。

そのため、具体的には1、2、Q、Kのような、数字の端近いカードは受け入れが狭くなり、組み合わせが作りにくいです。

3やJといったカードなら1・2・4・5と9・10・Q・Kの4枚が受け入れられ、組み合わせの幅が広くなります。

1、2、Q、Kといったカードが孤立して手札にある場合は、優先して切った方が組み合わせを作りやすくなります。

麻雀に似ている!セブンブリッジ

麻雀と非常によく似たルールで、大人も子供も頭脳を使って楽しめるトランプゲームです。

自分の手札に組み合わせを作って手札を減らしていき、最終的に手札が0枚になれば勝利になります。

セブンブリッジの遊び方は次の通りです。

  • カードをシャッフルし、裏向きにして1枚ずつ順番に4人に配る。
  • 4人に7枚ずつ配ったら、山札となるカードは場に置いておく
  • 順番に1番上からカードを引き、手札から表向きに1枚カードを捨てる
  • 他のプレイヤーが捨てた手札を欲しい場合は、「チー」もしくは「ポン」と宣言する
  • 「チー」と「ポン」が被った場合は、「ポン」を宣言した人が優先される
  • ゲームを続け、手札を最初にすべて使い切った人が勝ち

また、セブンブリッジで場に出せる組み合わせは次の3種類です。

  • 同位札:3枚以上の同じ数字(ハート・クラブ・ダイヤの1など)
  • シークエンス:3枚以上の同じマークで連続する数字(ダイヤの1・2・3など)
  • 7のカード1枚または7を含む連続する数字2枚

セブンブリッジのおすすめ必勝法

7のカードは1枚でも出すことができますが、他のプレイヤーに6・8のカードと組み合わせて使われる可能性が高いです。

そのため、7を使うときは6・8を上手く組み合わせて場に出しましょう。

また、組み合わせに使えそうにないカードを捨てるときに、考えずに場に出すと、相手にチーやポンされてしまいます。

既に捨てられたカードを確認して、場の状況を読み、相手に必要がなさそうなカードを捨ててくようにしましょう。

トランプゲームをより楽しむ方法

向いの女性がトランプを引こうとしている画像

シンプルな遊び方に飽きてきてしまい、もっと色々な方法で遊びたくなることもあるでしょう。

トランプゲームをより楽しむ方法として、普段と違う遊び方を3つ紹介します。みんなでトランプゲームをするときには、ぜひ試してみてください。

  • 罰ゲームありでやってみる
  • 独自ルールを作ってみる
  • お酒を飲みながらプレイする

罰ゲームありでやってみる

ゲームを楽しむためのアクセントとして、次のような罰ゲームを加えてみるのがおすすめです。

  • 物真似を披露する
  • 腕立て伏せを30回する
  • 激辛スナックを食べる

上記のような「負けたらちょっと嫌だな…」と思う要素を加えると、普段より白熱したゲームを楽しめるでしょう。

また、罰ゲームトランプと呼ばれる、トランプ自体に罰ゲームが書かれた商品もあります。その内容に従って遊んでみるのも1つの楽しみ方です。

ただし、お金や物を賭けてのゲームは、賭博禁止法に違反する恐れがあるため避けるようにしましょう。

独自ルールを作ってみる

トランプゲームは経験者と初心者では、優劣がつきやすいものもあります。そこでみんなが楽しめるように、ハンデをつける、経験者には縛りを設けるなど独自のルールを作るのがおすすめです。

そのルールのおかげで、みんなで楽しめるようになれば、場がさらに盛り上がるでしょう。

お酒を飲みながらプレイする

トランプゲームは記憶力の良い人、手先が器用な人、機転の利く人が有利になりやすいゲームです。

お酒を飲みながらプレイをすると全員の判断力が鈍るので、平等にゲームを楽しむことができます。

ただし、飲みすぎ・飲ませすぎは危険なので、ほどほどで楽しむ程度に抑えて遊びましょう。

オンラインカジノなら1人でもトランプゲームを楽しめる!

トランプとカジノコインの画像

仲間同士で遊べないときでも、オンラインカジノであればいつでもトランプゲームを楽しむことができます。

おすすめのオンラインカジノはベラジョンカジノです。様々なゲームを取り揃えており、バカラ・ブラックジャック・ポーカーなどカジノの定番ゲームも楽しむことができます。

また、トランプ以外のゲームも楽しむことができるので、ギャンブルが好きという方にもおすすめでしょう。

以下の記事ではおすすめのオンラインカジノをご紹介しているので、興味がある方はぜひご覧ください。

まとめ

スペードのAの画像

4人で楽しめる定番のトランプゲームを紹介しました。名前は聞いたことがあっても遊んだことのないゲームもあるでしょう。

どのゲームも少しルールを覚えれば、子供も大人も楽しめるものばかりです。

パーティーで友達と遊ぶとき、子供と遊ぶときにも今回のゲームをぜひ楽しんでみてください。

また、お金を賭けて遊んでみたい方はオンラインカジノへの登録もおすすめです。

テーブルゲーム攻略情報