オンラインカジノの攻略「バーネット法」とは?シミュレーション付きで徹底解説

オンラインカジノの攻略「バーネット法」とは?シミュレーション付きで徹底解説

テーブルゲーム攻略情報

「ローリスクで多くの収益を出せる攻略法を知りたい」「連勝をした時にうまみのあるベットの仕方はないの?」

オンラインカジノで連勝の波がきた時に、ぜひとも試していただきたいのが「バーネット法(別名1326法)」です。バーネット法は初心者でも使いやすく、多くの資金を必要としないことが特徴です。

今回は、そんなバーネット法で稼ぐためのノウハウを徹底解説!この記事を読めば、バーネット法の使い方はもちろんメリット・デメリットまで理解できること間違いなし。低リスクで手堅く稼ぎたい方は必見ですよ。

目次

バーネット法(1326法)とは?

まずは「バーネット法(別名:1326法)」について、初心者にわかりやすく説明します!
バーネット法とは、ローリスクで手堅く利益を出していくのに向いている投資法のこと。
連勝が続いている時には大きな額を賭け、負けた時には少額を賭けるため資金が尽きづらいことが特徴です。

まずは、詳しい賭け方の手順や活用方法についてみていきましょう。

勝つたびに1→3→2→6倍の順に賭ける方法

バーネット法のやり方は非常にシンプル。勝つたびに1→3→2→6の順番で賭け金を変更していくだけです。途中で負けた場合には、最初の1からやり直し、4連勝後はそのまま負けるまで6を賭け続けます。

最初の賭け金が1なので、負けが続いたとしてもリスクは最低。また、連勝を重ねることで、連敗分も補填しやすいのが特徴です。

1ユニットの額は任意で設定が可能です。1ユニット=$1であれば、$1→$3→$2→$6の順番でベット。1ユニット=$2であれば、$2→$6→$4→$12の順番でベットしていきましょう。

バカラなど2倍配当のゲームで活用できる

バーネット法は主に勝率が50%の2倍配当のゲームにて活用することができます。

具体的には、

  • ブラックジャック
  • バカラ
  • ルーレット 

などが挙げられます。

注意点は、どのゲームでも「必ず2倍配当のゲームに賭ける」ことです。バカラは必ずバンカーかプレイヤーのどちらかに賭けること。ペアやタイに賭けてはいけません。ルーレットも同様に2倍配当の「赤黒」「ハイロー」「奇数・偶数」のいずれかに賭けましょう。

バーネット法のメリット・デメリット

ここからはバーネット法の「メリット」と「デメリット」について解説します。
安定感のある投資法ですが、人によってはデメリットに感じる面も。

メリット

  • 連勝と連敗に強い
  • 資金が持つため長くプレイできる

デメリット

  • 短時間で大勝ちすることができない
  • 交互に勝敗が続くと効果を発揮しない

これらについて、詳しくみていきましょう。

メリット1:連勝と連敗に強く大損しづらい

まず、大きなメリットは連勝と連敗に強い点です。連勝をすれば一気に収益が膨れ上がり、負けた時には最低限の損益が出ていく…というのが、バーネット法の大きな特徴です。つまり負ける時のスピードは非常に緩やかで、大金を損切りすることも少ないのです。

メリット2:資金が持つため長くプレイできる

負けるスピードが緩やかであるということは、資金が一気になくなるリスクも低いということ。序盤で連勝して収益を積み上げれば、その後は負けが続いても資金はすぐには尽きません。コツコツとゲームを続けて、少しずつ勝っていく過程を楽しみたい方にもおすすめです。

デメリット1:短時間で大勝ちすることができない

バーネット法は負けるスピードも緩やかですが、勝つスピードも他の投資法と比べると緩やかです。勝てば一発逆転とはならないので、根気も必要です。

デメリット2:交互に勝敗が続くと効果を発揮しない

バーネット法の最大のデメリットは、連勝・連敗以外には弱い点です。例えば、勝敗が交互に続けば損益はどんどん積み上がります。
以下の図をご覧ください。

プレイ回数12345678910
BETユニット数1313131313
勝敗
収支+1-3+1-3+1-3+1-3+1-3
合計収支+1-2-1-4-3-6-5-8-7-10

バーネット法は2戦目で勝ってこその投資法です。しかし、ずっと連勝ができずにテレコの状態が続けば損失はどんどん積み上がります。

どこかで連勝ができれば損失分を取り返すことができますが、長くテレコの波が続くのであれば勝つ難易度は上がります。

バーネット法の収支シミュレーション

それでは、バーネット法の収支シミュレーションを見ていきましょう。
勝ったらベット額を増やし、負けたら最初からやり直す…続けると一体どのような収支となるのでしょうか。ここでは、ありがちな4つのパターンを詳しくシミュレーションしていきます。

4戦全て全勝したパターン

まずは、4プレイして全勝したパターンについて解説します。
4戦連勝をした時の収支は以下の通りになります。

プレイ回数1234
BETユニット数1326
勝敗
収支+1+3+2+6
合計収支+1+4+6+12

合計で+12の収益となりました。

4連勝以降は、6を賭け続けます。ハイリスクに感じますが、仮に負けても収益は残ります。その後も5連敗までは収益は+になるので、ご安心ください。

ちなみに勝率50%で4連勝をする確率は、6.250%です。少々難易度は高くも感じますが、非現実的な数字でもありませんね。

3戦目で負けたパターン

プレイ回数1234
BETユニット数1321
勝敗
収支+1+3-2+1
合計収支+1+4+2+3

続いて、3戦目で負けたパターンを見ていきましょう。
3戦目で負けた場合は、また最初から1324の賭け方をやり直します。負けた後には必ず1を賭けることを覚えておきましょう。

3戦目で負けても、その時点での合計収支がプラスになることがわかります。

4戦目で負けたパターン

プレイ回数1234
BETユニット数1326
勝敗
収支+1+3+2-6
合計収支+1+4+6+0

続いて、3連勝した後の4戦目で負けたパターンを見ていきましょう。3戦目までは順調に収益を積み重ねていますが、4戦目で負けると収益は0に。今までの連勝分が全てなくなってしまいました。

3連勝が続いた時は、バーネット法をやめるか続行するかの選択に迫られます。手堅く収益をあげたい方はここで切り上げてもよし。一発当てたい方はチャレンジするもよし。一番の悩みどころですが、ゲームの波を読み取りながら考えてみてください。

2戦目で負けることを10回繰り返したパターン

プレイ回数12345678910
BETユニット数1313131313
勝敗
収支+1-3+1-3+1-3+1-3+1-3
合計収支+1-2-1-4-3-6-5-8-7-10

プレイ回数11121314151617181920
BETユニット数1313131313
勝敗
収支+1-3+1-3+1-3+1-3+1-3
合計収支-9-12-11-14-13-16-15-18-17-20

デメリットの解説でも触れましたが、バーネット法はテレコの勝敗に非常に弱い特徴があります。上記の表は、2回戦で負けることを10回繰り返したパターンです。

このような展開になる確率は非常に低いとはいえ、絶対にないとは言い切れません。いつまでたっても連勝ができない場合には、赤字が膨れ上がる前に損切りするのも一つの手です。

バーネット法を上手に使いこなす!3つの攻略のコツ

ここからはバーネット法を上手く使いこなすコツを3つご紹介します。

初心者であれば特に陥りやすいのが、メンタルの揺れ。感情に行動を支配されると勝負に出てはいけない場面で大きく賭けてしまったり、引きどころを見極めることができません。

バーネット法は長丁場が予想されます。一時の感情に流されないためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1:勝ち越せる勝敗のパターンを覚える

バーネット法は連勝・連敗に強い投資法です。勝った時には一気に賞金が増え、負けた時には最低ベット額で減っていく…少しややこしいのですが、その中でも独自に勝ち越せるパターンを見出すことが大切です。ここでは、ありがちなゲームの流れと勝ち越すパターンのポイントをご紹介します。

■5連勝して5連敗した場合

プレイ回数12345678910
BETユニット数1326661111
勝敗
収支+1+3+2+6+6-6-1-1-1-1
合計収支+1+4+6+12+18+12+11+10+9+8

こちらの記録は勝敗は五分五分です。勝利の後に5連敗をしていますが、それでも収益は+8。
負けた時には最低限のベット額で減っていくことがよくわかりますね。

■6連勝して4連敗した場合

プレイ回数12345678910
BETユニット数1326666111
勝敗
収支+1+3+2+6+6+6-6-1-1-1
合計収支+1+4+6+12+18+24+18+17+16+15

続いてはこちらの記録。6連勝をした後に、4連敗をしていますが収支は+15です。
バーネット法はその性質から連勝からの連敗には非常に強く、今回の場合であれば19連敗しても±0に抑えられます。

■6連敗して4連勝した場合

プレイ回数12345678910
BETユニット数1111111326
勝敗
収支-1-1-1-1-1-1+1+3+2+6
合計収支-1-2-3-4-5-6-5-20+6

連勝からの連敗に強いのであれば、逆はどうでしょうか?
こちらの記録は、先ほどとは逆パターンの6連敗からの4連勝の記録です。
なんと、たった3連勝で今までの損失を取り返して、4連勝目では+6にまで増えています。

このように、勝ち越せるパターンは複数あります。ぜひ、プレイをする中でも勝ち越せるパターンというものを見つけてみてください。

2:損切りのタイミングを見極める

ギャンブルをする上で、難しいのが損切りのタイミング。バーネット法は連敗をしてもリスクは低いですが、連勝ができずにいるといつまで経っても利益をあげられません。

「この後に連勝の波がきて取り返せるかもしれない」と考えて沼にハマってしまっては危険です。利益を追求することも大切ですが、早めに損切りする勇気も重要です。改めて、原因分析やパターンの見直しをして次に備える方が賢明でしょう。

3:早く利益を出したい時には1ユニット額を引き上げ

資金に余裕があり、少しでも早く利益を出したい時には1ユニットの金額をあげるのも良いでしょう。

資金が許すのであれば、1ユニットが$5でも$10でも構いません。その分、リスクは高まることを理解した上で挑戦してみてください。

【番外編】バーネット法に似た「グッドマン法」とは?

バーネット法とよく似た投資法で、「グッドマン法(1235法)」というものがあります。
バーネット法を理解した方であれば、こちらも活用できることは間違いなし!

こちらでは、詳しいグッドマン法の使い方とメリット・デメリットについてご紹介していきます。

勝つたびに1→2→3→5の順に賭ける方法

バーネット法が1326の順に賭けるのに対し、グッドマン法は1235の順に賭ける方法です。

つまり、数字が変わっただけ!ルールも同様で負けたら「1」からやり直し、5連勝以降は負けるまで「5」を賭け続けます。グッドマンも勝率が50%のゲームでのみ適用が可能です。

メリット:交互の勝敗に強い

グッドマン法のメリットは、交互の勝敗に強い点です。以下の表をご覧ください。

■グッドマン法で勝敗が交互に続いたパターン

プレイ回数12345678910
BETユニット数1212121212
勝敗
収支+1-2+1-2+1-2+1-2+1-2
合計収支+1-10-2-1-3-2-4-3-5

■バーネット法で勝敗が交互に続いたパターン

プレイ回数12345678910
BETユニット数1313131313
勝敗
収支+1-3+1-3+1-3+1-3+1-3
合計収支+1-2-1-4-3-6-5-8-7-10

バーネット法が-10の損益が出ているのに対して、グッドマン法は-5に抑えることができました。

デメリット:3回戦で勝てないと利益が出ない

プレイ回数123456
BETユニット数123123
勝敗
収支+1+2-3+1+2-3
合計収支+1+30+1+30

グッドマン法のデメリットは、3回戦で勝てないと永久に利益が出ないという点です。
以下の表をご覧ください。

表の通り、3回戦で負けてしまうと収益は0になってしまいます。3連勝への道のりが長く、なかなかグッドマン法成功にたどり着けないケースも起こるでしょう。

バーネット法を実践するのにおすすめのオンラインカジノ

最後に、バーネット法を活用するのにおすすめのオンラインカジノをご紹介していきます。

どのオンラインカジノも使いやすさで日本人から愛されているサイト。お得なボーナス呪法も満載なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1:ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは、キュラソーによるライセンス取得済みであり、完全に合法的体制をしっかり整えているので、安心してプレイができます。

ベラジョンカジノの詳細解説!入金・出金方法・ボーナス・特徴等を紹介

また、圧倒的なボーナスの豪華さも多くのプレイヤーを魅了する理由の1つ。入金するごとに貰える豪華なボーナスが用意されており、ウェルカムボーナスではMAX$950もらえます。詳細は以下の通り。

入金回数入金額に対するボーナスの割合限度額
初回100%$500
2回目50%$250
3回目100$$200

入金ボーナスを満額入手するには、初回$500、2回目$500、3回目$200の合計$1200の入金が必要になります。資金に余裕のある方はぜひ試してみてください。

こちらのボーナスとは別にまだまだ豊富なボーナスが用意されていますので、全て網羅してから遊びたいという方はこちらのベラジョンカジノのボーナスなどをまとめた記事をご参照下さい。

ベラジョンカジノの無料登録はこちらから

2:インターカジノ

インターカジノは20年以上の運営実績があり、老舗として信頼できるオンラインカジノです。2020年1月末には日本人ユーザー向けにリニューアルオープンし、さらに使いやすくなりました。

インターカジノの詳細解説!入金・出金方法、ボーナス、特徴等を紹介

また、遊べば遊ぶだけリベートボーナスあり!総額$500のウェルカムキャッシュを受け取れるので、ぜひ入金してカジノをお楽しみください。

さらに、当サイトからインターカジノに登録すると$30が貰えます。日本円で約3000円分になります。インターカジノのボーナスをすべて網羅してからお得にプレイしたい方はこちらのインターカジノのボーナスなどをまとめた記事をご参照下さい。

インターカジノの無料登録はこちらから

3:ミスティーノ

ミスティーノはシンプルで分かりやすい親切システムのオンラインカジノ。テレビCMやユーチューブでも取り上げられており、今話題の注目度急上昇中のサイトです。

入出金時の動画マニュアルや日本語対応の検索機能など、オンラインカジノ初心者にも優しいシステムなので初めてでも安心ですね。

ミスティーノの詳細解説!入金・出金方法、ボーナス、特徴等を紹介

初回特典として、新規登録で現金ボーナス$10を付与!登録から3日間はスロット「ムーンプリンセス」等人気ビデオスロット計60スピンもプレゼント。さらに、デイリーの入金特典として日替わりでゲームのスピンをゲットすることもできちゃいます!

またミスティーノだけの特徴である「サプライズキャッシュバック」も要チェック!今までベットした賭け金の一部が貯金箱のように蓄積されて、貯まった金額を一気にキャッシュバックしてくれるという素晴らしいボーナスがあるんです。

ミスティーノ のボーナスをすべて網羅してからお得にプレイしたい方はこちらのミスティーノのボーナスなどをまとめた記事をご参照下さい。

まとめ

今回はギャンブルの投資法の1つである「バーネット法」について詳しく解説しました。

バーネット法は、マーチンゲール法などの投資法に比べて投資額が大きく跳ね上がることがありません。安定して、長期的に資金を運用していたい人にはぴったりの攻略法でしょう。

今回の記事のポイントは以下の4つです。

  • バーネット法は勝率が50%のゲームで使える
  • 連勝と連敗に強い
  • 勝敗が交互になる場合には損益が出る
  • 似た投資法としてグッドマン法がある

ぜひ、今回のシミュレーションを参考にしてみてくださいね。
あなたがギャンブルで勝てることを祈っております!