10ユニット法の実践法と解説|利益を確実に積んでいく必勝法

10ユニット法の実践法と解説|利益を確実に積んでいく必勝法

テーブルゲーム攻略情報

今回の記事では「10ユニット法」について解説いたします。

この手法は、初心者でも一定のルールに基づいて賭けをすることで、低リスクかつ高確率で利益をあげる事ができるため、海外のカジノで一時期大ブームとなりました。

本記事では、10ユニット法の利用法やメリット・デメリット、使っても勝てない人の特徴など具体的に勝率を上げるやり方からリスク対策まで具体的に解説。ぜひ参考にしてみてください!

目次

10ユニット法とは?

カジノ

10ユニット法とは、その名の通り10個のユニット(数字)を使った計算法です。

ゲーム前に設定する目標利益・リミット額(損失限度)に基づいて賭け金を決定する手法で、軍資金と損失上限さえリミットにならなければ、想定以上の損失を出すことなく確実に目標額を獲得できる必勝法とされております。

ある法則に基づいて数列を計算し賭ける方法

10ユニット法では、毎回の賭け金を自分の意思で自由に決定するのではなく、ある法則に基づいて機械的に計算し最終的に利益を確定させていきます。

あくまでリスク限度を決めて段階的に利益を上積みしていく賭け方の特性上、特定の賭け方・ゲームジャンルとの相性が良いとされています。

2倍配当のゲームで効果を発揮する

10ユニット法は2倍配当のゲームと相性が良く、高い効果を発揮すると言われております。2倍配当とは、勝つと2倍の配当が得られる賭けの事をいい、基本的には50%の確率で勝敗が明確に分かれる賭けのことを指します。

ここでは、具体的な2倍配当のゲームをご紹介します。

相性の良いゲーム①バカラ

バカラは「カジノの王様」と呼ばれており、マカオのカジノではテーブルゲームの9割をバカラが占めるほどで、アジアでは特に人気のゲームとなっています。

細かなルールは割愛しますが、遊び方はいたって簡単。プレイヤーとバンカーの手札の合計が「どちらが9以内で9に近いかを当てる」という内容になっております。

勝率は約50%なので10ユニット法の効果が期待できるゲームといえます。

オンラインカジノのバカラの特徴・メリットについて解説!勝つコツなども紹介!

相性の良いゲーム②ルーレット

カジノの代表的なゲームとして有名なのがルーレットであり、赤黒が交互にならぶ配色が印象的ですね。

ルーレットの種類によって構成されている数字は異なり、「アメリカンルーレット」の場合「0」「00」を含む、38個の数字で構成されており、フレンチルーレット(ヨーロピアンルーレット)の場合「0」を含む、37個の数字で構成されてます。

様々な賭け方があるのもルーレットの特徴です。

  • 赤黒
  • 奇数偶数
  • ハイロー

以上の賭け方は2倍配当の約50%なので、バカラと同様に10ユニット法の効果が期待できるゲームといえるでしょう。

オンラインカジノのルーレットの特徴や賭け方、種類について徹底解説!

相性の良いゲーム③ブラックジャック

ブラックジャックは、配られたカードの合計が「21」に近い方が勝ちというゲームです。初心者でも馴染みがあるジャンルのゲームとして有名であり、勝率は約50%のゲームとなっています。 厳密にいえば本場のカジノやライブカジノでは勝率が変動するのですが、基本的には約50%と考えて構いません。

ベーシックストラテジーやカウンティング技術を使えばより勝率を上げる事ができます。

オンラインカジノのビデオゲームの場合は勝率が一定になりますので、より10ユニット法と相性が良くなります。

オンラインカジノのブラックジャックを徹底解説 遊び方やおすすめサイトも紹介!

10ユニット法の使い方

ここまでで、10ユニット法は機械的に計算し利益を確定させていく攻略法であることと、ブラックジャック・バカラ・ルーレットなどのように2倍配当が可能なゲームで効果を発揮することをご理解いただけたかと思います。

ここからは、具体的な計算方法について詳しく解説をしていきます。

手順①目標利益額・リミット額・1ユニット額を決める

まずは、10ユニット法を使うにあたり以下の3つを決めておく必要があります。

①目標利益額(最終的に手にしたい金額)
②リミット額(ここまでなら損をしてもいいという限界金額)
③1ユニット分の金額(目標利益額の10等分で計算するため、①を決めると自動的に算出されます)

※仮に目標利益額を10ドルとした場合、1ユニット分の金額は10ドル÷10で1ドルとなります。

手順②メモ用紙に1を10個書く

メモ用紙に1を10個書きます。そして、この10個書かれた「1」をそれぞれ「1ユニット」として考えます。

これで準備はOK!まず初回は、数列の両端の数字を足した額をベットします。図を見るとわかる通り、最初のベット額は1+1=2ユニットですね。今回は1ユニット$1と計算するので、$2賭けます。

手順③勝敗に応じて計算した額をベットする

2戦目以降は、賭けの勝敗に応じた方法で計算をしていきます。

勝った場合の計算方法

勝った場合は、以下の2つの事を行います。

①リミット額に利益額分のユニット数を加える。
②数列の両端を消す

例:リミット額が30ユニット(30ドル)、利益が2ユニット(2ドル)の場合

  リミット数は元々の30に2を加えて合計32ユニット(32ドル)となります。

数列は以下のようになります。

負けた場合の計算方法

負けた場合は、以下の2つの事を行います。

①リミット額から損失分のユニット数を引く。
②数列の右端に損失ユニット数を足す。

リミット額が30ユニット、損失が2ユニット(2ドル)であれば、リミット数は30-2=28ユニットとなります。

また、数列は以下のようになります。

手順④数列が全て消えるかリミットに達したら終了

10ユニット法では、数列にある全ての数字が消えた時(10ユニット分の利益獲得)か、リミット額に達した時、1セッション終了となります。

補足:リミットに達した時には左端の数字だけ使うのも◎

当然10ユニット法では、何度も勝負をしていると賭け額(ユニット)が増えていき、徐々に毎回の賭け額が多くなりリミットを超えてしまう瞬間がでてきます。

このような場合は、ユニット内の左端の数値を使い賭けるやり方も推奨されています。

上記の場合、本来の賭け額は両端のユニットを合計した15ユニットとなりますが、リミットを超えてしまっています。

このような場合に、賭け金は左端の数値:5ユニット(10ドル)とします。

上記のやり方でリミット数が足りなくなった場合でも、残りのリミット数でゲームを進行することができるようになります。

10ユニット法のメリット・デメリット

ここまでの解説の通り、機械的に利益を積み上げていける10ユニット法ですが、メリットもあればデメリットもあります。

ここからは10ユニット法のメリット・デメリットについて深堀をしていきたいと思います。

10ユニット法のメリット

まずは10ユニット法のメリットを見ていきましょう。

1:成功時には必ず目標額の利益が出る

10ユニット法では、賭け額を機械的に決定していく手法のため、途中で賭け方を変えない限り着実に利益を積んでいくことができます。

仮に目標額を大きく設定しても、10ユニット法では損失額も段階的に増えていくため、心理的に安心して利益目標を目指せる手法といえるでしょう。

2:ゲームのやめ時がわかりやすい

10ユニット法では、賭けを続けていった結果、数列がなくなるかリミットに達したら基本的にセッションが自動的に終了します。自動的にやめ時がわかるため、感情的にゲームを続けることもありません。

3:連敗しても賭け金が急激に増えることがない

オンラインカジノで最も怖いのは、負けを取り戻すために想定以上に賭けを続け損失を積み上げてしまうことです。

10ユニット法であれば、セッション前にリミットを設定し、そこから手順に沿って賭け額を計算していきます。そのため、急激に賭け金が増えることはなく想定外な損失額になることはありません。

10ユニット法のデメリット

次に10ユニット法のデメリットを見ていきましょう。

1:紙とペンが必要なので面倒くさい

10ユニット法では、ベット額を毎回の勝敗結果を元に調整する必要があります。

数回の賭けであれば頭で覚えて計算することも出来なくはないですが、回数が増えるとメモを取りながら行う必要があるため、少しだけ手間がかかるといえるでしょう。

2:設定した目標額以上稼ぐことは難しい

10ユニット法では、機械的に計算をしていく以上、最初に設定した利益目標を超えることはありません。

そのため、予想以上に利益が出るということがなく、期待値を超える結果が出ないという意味でデメリットと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

3:リミット額・1ユニット額をあげるとリスクが高まる

繰り返しになりますが、10ユニット法における損失上限の金額は最初に設定したリミットに依存します。

いくら段階的に損失が積みあがっていくとはいえ、最初のリミット設定が大きければそれだけ大きな損失リスクが発生するということ。事前のリミット設定には細心の注意が必要です。

10ユニット法を使っても勝てない人の特徴

ここまで、10ユニット法の具体的な手法やメリット・デメリットなどリスクが少ない形で機械的に利益を積み上げていくメカニズムについて解説してきました。

効率的かつ効果的な手法なため、多くの方がうまく活用すれば利益を積み上げていくことができますが、中にはこの手法を使っても中々勝てない人もいるようです。

ここからは、10ユニット法を使っても勝てない人の特徴について深掘りして解説をしていきます。

1:もとの軍資金に対して目標利益額が高すぎる

もとの軍資金に対して目標利益額が高すぎる場合は、当然ですが1回の賭け金が高くなります。1回の賭け金が高くなるということは、リミットに到達する確率も高くなってしまいます。

このような賭け方だと、段階的に利益を上積みしていく10ユニット法の特性が生かされることがないため、通常より負けの確率が増えてしまいます。

2:リミットの設定が低すぎる

ユニットをすべて消すか、賭け金がリミットを超えた場合に基本的に1セッションが終了です。リスクを必要以上に抑えたいがために極端にリミットを低く設定した場合、すぐに賭け金がリミットに達することがあります。

そのため、リスクが少ない手法とはいえ、ある程度資金に余裕を持った状態でゲームに臨むことをおすすめいたします。

3:10ユニット法の手順を理解していない

初歩的なことではありますが、やり方はしっかり覚えてからゲームを始めましょう。

10ユニット法は厳密なルールの上で計算を進めていきますので、途中で少しでも計算方法を間違えると想定する利益が確定できなかったり、予想外の損失を出してしまうこともあります。

また、連続で賭けに負けてしまうと焦ってしまうこともあるかと思いますが、そんな時に途中でやり方を変えたりするのもNG。ルールにのっとり計算を行うことが必須です。

10ユニット法を実践するのにおすすめのオンラインカジノ

ここまで10ユニット法について様々な角度から解説をしてきました。最後に、実践するのにおすすめのオンラインカジノを紹介していきますので、ぜひ一度ご利用いただき目標の利益を目指してみてください!

1:ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは、キュラソーによるライセンス取得済みであり、完全に合法的体制をしっかり整えているので、安心してプレイができます。

ベラジョンカジノの詳細解説!入金・出金方法・ボーナス・特徴等を紹介

また、圧倒的なボーナスの豪華さも多くのプレイヤーを魅了する理由の1つ。入金するごとに貰える豪華なボーナスが用意されており、ウェルカムボーナスではMAX$950もらえます。詳細は以下の通り。

入金回数入金額に対するボーナスの割合限度額
初回100%$500
2回目50%$250
3回目100$$200

入金ボーナスを満額入手するには、初回$500、2回目$500、3回目$200の合計$1200の入金が必要になります。資金に余裕のある方はぜひ試してみてください。

こちらのボーナスとは別にまだまだ豊富なボーナスが用意されていますので、全て網羅してから遊びたいという方はこちらのベラジョンカジノのボーナスなどをまとめた記事をご参照下さい。

ベラジョンカジノの無料登録はこちらから

2:インターカジノ

インターカジノは20年以上の運営実績があり、老舗として信頼できるオンラインカジノです。2020年1月末には日本人ユーザー向けにリニューアルオープンし、さらに使いやすくなりました。

インターカジノの詳細解説!入金・出金方法、ボーナス、特徴等を紹介

また、遊べば遊ぶだけリベートボーナスあり!総額$500のウェルカムキャッシュを受け取れるので、ぜひ入金してカジノをお楽しみください。

さらに、当サイトからインターカジノに登録すると$30が貰えます。日本円で約3000円分になります。インターカジノのボーナスをすべて網羅してからお得にプレイしたい方はこちらのインターカジノのボーナスなどをまとめた記事をご参照下さい。

インターカジノの無料登録はこちらから

3:ミスティーノ

ミスティーノはシンプルで分かりやすい親切システムのオンラインカジノ。テレビCMやユーチューブでも取り上げられており、今話題の注目度急上昇中のサイトです。

入出金時の動画マニュアルや日本語対応の検索機能など、オンラインカジノ初心者にも優しいシステムなので初めてでも安心ですね。

ミスティーノの詳細解説!入金・出金方法、ボーナス、特徴等を紹介

初回特典として、新規登録で現金ボーナス$10を付与!登録から3日間はスロット「ムーンプリンセス」等人気ビデオスロット計60スピンもプレゼント。さらに、デイリーの入金特典として日替わりでゲームのスピンをゲットすることもできちゃいます!

またミスティーノだけの特徴である「サプライズキャッシュバック」も要チェック!今までベットした賭け金の一部が貯金箱のように蓄積されて、貯まった金額を一気にキャッシュバックしてくれるという素晴らしいボーナスがあるんです。

ミスティーノ のボーナスをすべて網羅してからお得にプレイしたい方はこちらのミスティーノのボーナスなどをまとめた記事をご参照下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

10ユニット法について解説してきましたが、指定のルールにのっとり機械的に賭けていく手法のため、低リスクで利益を上積みしていくことができ初心者の方にも非常におすすめの方法ということがご理解いただけたかと思います。

今回ご紹介した10ユニット法以外にも、モンテカルロ法マーチンゲール法、同様に紙とペンが計算に必要な31システムなど、他にも有名な賭け方が沢山あるので、是非そちらも参考にしていただいた上でオンラインカジノを楽しんでいただけると幸いです!