WSOPとはどんな大会?参加費や賞金、大会の流れを徹底解説

WSOPとはどんな大会?参加費や賞金、大会の流れを徹底解説

あつみん

あつみん

ポーカー好きなら一度は「WSOPとはどんな大会?」と気になるのではないでしょうか。

WSOPは単なるポーカーの世界大会ではありません。稼げる金額は「億」を越え、優勝すれば一夜にしてビッグドリームが叶う夢のような大会です。

日本人プレイヤーも多く出場しており、全世界のポーカープレイヤーにとって憧れの場所と言っても過言ではありません。

この記事では、WSOPについてポーカー初心者でもわかりやすく解説します。出場自体は誰でもできるので、ぜひ目指してみてはいかがでしょうか。

WSOP(ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー)について徹底解説

WSOP(ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー)について徹底解説

WSOPとは、世界最高峰のポーカープレイヤーを決める大会の1つです。ここからは、WSOPについて以下の内容を解説します。

  • ポーカーNo.1を決める大会
  • 10,000ドルの参加費を支払えば誰でも参加可能
  • 賞金総額は20億円超
  • 大会の流れ
  • 参加者はラスベガスのホテルで受付が必要

ポーカーに少しでも興味があるのなら、WSOPの魅力を知っておいて損はありません。順番に見ていきましょう。

ポーカーNo.1を決める大会

WSOP(ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー)とは、50年以上前から毎年開催されているポーカー大会です。賞金の高さや注目度から「ポーカー界ナンバー1」と呼ばれています。

毎年5月から7月にかけて、アメリカのラスベガスで開催されます。もっとも盛り上がるファイナルテーブルが開催されるテキサスホールデムの様子は、全米でテレビ放送されるほどの白熱ぶりです。

参加者は1万人以上ですが、参加できるのはトッププロだけではありません。アマチュアからポーカーを始めたばかりの初心者まで、誰でも参加できる点がWSOPの魅力の1つです。

10,000ドルの参加費を支払えば誰でも参加可能

WSOPの参加費はメインイベントで10,000ドル、1ドル=120円の場合で約120万円です。高額ではあるものの、参加費さえ支払えば誰でも参加できます。

日本のアミューズメントカジノで予選を勝ち抜いた場合、参加費が免除されて格安でWSOPに出場できるケースがあります。

また、WSOPの参加費はメインイベントこそ10,000ドルと高額であるものの、サブトーナメントであれば300ドル程度で参加できます。ポーカーを始めたばかりの初心者は、まずサブトーナメントから参加してみましょう。

賞金総額は20億円超

WSOPの正確な賞金は参加者数が確定してから決まりますが、賞金総額は約20億円を超えます。コロナ過で開催された2020年でも、賞金総額は30億円を越えました。

気になるWSOPメインイベントの優勝賞金は、開催都市によっては10億円を超えることもあります。過去5年間の優勝賞金を表にまとめました。

WSOPメインイベントの優勝者と優勝賞金

開催年優勝者優勝賞金
2016年クイ・グエン8,005,310ドル
2017年スコット・ブルムステイン8,150,000ドル
2018年ジョン・シン8,800,000ドル
2019年フセイン・エンサン10,000,000ドル
2020年ダミアン・サラス2,550,969ドル

2020年度はオンライン開催になり、やや賞金額は下がりました。それでも、3,000万円もの大きな額を稼げる大会に違いはありません。

大会の流れ

WSOPは1つのポーカーゲームだけでトーナメントが開催されるわけではありません。テキサスホールデムやオマハ・ホールデムなど、60以上のイベントでそれぞれの優勝者を決定します。

競技数の多さと世界中の注目度の高さから、WSOPは「ポーカーのオリンピック」とも言われています。WSOPの中でも特に注目されるのが、毎年5月30日から7月20日にかけて開催されるメインイベントです。

2022年現在、メインイベントで日本人の優勝はありません。いつか、日本人選手がポーカー界の頂点に立つ日を期待しましょう。

参加者はラスベガスのホテルで受付が必要

WSOPの参加方法は、まず開催地であるラスベガスの提携ホテルに行く必要があります。招待制やオンラインでの事前登録制ではないので、門戸は誰にでも開かれています。

ホテルに設置されている特設受付で、WSOP専用のカードを作成しましょう。そして、ゲーム参加に必要な以下の3つを提出します

  • 参加料
  • WSOP専用カード
  • パスポート

その後、参加したいゲームを伝えると、テーブルと席番号が記載された用紙がもらえます。

あとはポーカーをプレイして優勝を目指すのみ。審査が行われることはなく、誰でも参加できます。

WSOPで活躍する3名の日本人プレイヤー

WSOPで活躍する3名の日本人プレイヤー

ポーカーに興味があるなら、日本人プレイヤーがWSOPに参戦しているのか気になるのではないでしょうか。ここからは以下3名の日本人プレイヤーを紹介します。

  • 木原直哉選手
  • 中井孝浩選手
  • ひろき選手

順番に見ていきましょう。ぜひ、プレイスタイルやポーカーに対する姿勢を参考にしてみてください。

①木原直哉選手

木原直哉選手は、東大卒のプロポーカープレイヤーです。

2012年のWSOPのサブイベント「ポット・リミット・オマハ・シックス・ハンデッド」では、日本人として初めて優勝。賞金約5,600万円を獲得しました。

世界最大のオンラインポーカーサイト「PokerStars」とスポンサー契約を結ぶほか、2012年の第42回世界ポーカー選手権大会でも優勝。

2013年9月にはポーカーニュースサイト「PokerListings」からMost Inspiring Player(最も感動させたプレイヤー)に選出されました。まさに、日本ポーカープロの第一人者といえます。

②中井孝浩選手

中井孝浩選手は2015年のWSOPのノーリミットホールデムで日本人として初優勝した、ポーカープロの1人です。WSOP以外にも「Asis2017poker classicラスベガス」や「Rio Daily Deepstacks2017」などの国際大会で成績を残しています。

中井選手はオンラインポーカーで勝ち組という情報があります。トッププロになるのであれば、オンラインポーカーで訓練してみるといいでしょう。

③ひろき選手

ひろき選手は2019年に行われたWSOPのメインイベントで、日本人最高順位となる25位を達成。賞金約3,500万円を獲得しました。

ポーカーはプレイヤーだけでなく、渋谷の人気ポーカールームを経営している一面もあります。また、登録者数70万人超のYoutubeチャンネル「世界のヨコサワ」の動画編集者としても活動しています。

多彩な顔を持っていることから、ポーカープロを目指す若い層からも人気のある選手です。

WSOPに興味がある人におすすめのオンラインカジノ

WSOPに興味がある人におすすめのオンラインカジノ

「いつか、WSOPに参加してみたい!」と思っている人は、腕を磨くのにオンラインカジノがおすすめです。ポーカーができるおすすめのオンラインカジノは、以下の3つです。

  • WSOPアプリ
  • 888poker
  • Pokerstars

それぞれの特徴を解説します。

①WSOPアプリ

WSOPアプリは、WSOPが公認しているポーカーアプリです。知名度の高さから世界中のプレイヤーが集まってきているため、自然とレベルの高い対戦ができます。

グラフィックにも力を入れており、本場ラスベガスのような豪華さが感じられます。しかし、日本語対応に遅れているため、英語が得意な人でないと利用しづらいアプリです。

②888poker

888pokerは20年近くの運営実績があるポーカー専用のオンラインカジノです。世界で1千万人以上の会員がいるので、対戦相手に困ることはありません。

888pokerの特徴は、練習モードや無料プレイできるフリーロールが充実しており、ポーカーを覚えたばかりの初心者にも優しいこと。日本語にも対応しているため、英語が苦手なプレイヤーでも安心して利用できます

③Pokerstars

Pokerstarsは数多くのポーカー大会が開催されているオンラインカジノです。2013年には、1つのトーナメントに22万人が参加したギネス記録に認定されました。

常時、開催しているトーナメント数は1,000を超え、世界中からポーカーファンが集まっています。また、ポーカーだけでなくカジノやスポーツベットなど、さまざまなゲームも楽しめます。

日本語にも対応しているため、初心者でも安心です。

WSOPについてよくある質問

WSOPについてよくある質問

WSOPで優勝すると賞金以外は何かもらえるの?

ブレスレットがもらえます。WSOPのブレスレットを手に入れることは、世界中のポーカープロにとって大変な名誉です。過去に獲得したブレスレットを着けて大会に臨むトッププロは、憧れの眼差しで見られます。
特にブレスレットを2つ以上持っているプレイヤーは、1回目の獲得がまぐれではない証拠。そのため、とくに尊敬や賞賛が集まりやすい傾向にあります。

WSOPの獲得賞金は課税対象になるの?

なります。忘れずに確定申告を行いましょう。基本的には一時所得扱いですが、プロとして生計を立てている場合は事業所得になります。

まとめ:WSOPはポーカーの世界一を決める大会

WSOPは世界的にもっとも有名だと称賛されているポーカーの世界大会です。大会中は世界中からラスベガスに10,000人を超えるポーカープレイヤーが訪れるほどの熱狂ぶりです。

メインテーブルで優勝すれば、賞金10億円も決して夢ではありません。ポーカーをプレイし始めたばかりの人は、オンラインカジノで腕を磨いてWSOPの夢舞台を目指しましょう!

コラム