ギャンブルに強い人の8つの特徴!勝つには理由がある!

ギャンブルに強い人の8つの特徴!勝つには理由がある!

激アツ君

激アツ君

カジノゲームなどのギャンブルをする人には、お金を失い続ける人と資金を増やし続ける人に分かれます。

両者の違いをみると、ギャンブルに強い人には共通する特徴があることがわかります。

今回はギャンブルに強い人にどんな特徴があるのかを説明します。

ギャンブルに強い人の特徴

チップと男性の手

カジノゲームなどのギャンブルに強い人にはどのような特徴があるのかを説明します。

1:感情に左右されない

ギャンブルに強い人は感情に左右されるようなことはありません。たとえ負けが続いても、つい熱くなって大きくお金を賭けるというようなことはしないものです。

ギャンブルはお金を賭けるため、勝負に負けてお金を失うと誰でも冷静ではいられなくなります。その結果、失ったお金を取り戻そうと躍起になり、さらにお金を投じて損失を膨らませることにもなりかねません。

ギャンブルで大金を失う人はたいてい、感情に左右されて熱くなることで、さらなるお金を失っているものです。ギャンブルに強い人はそのように感情に流されて無理な勝負をするようなことはしません。

2:事前の情報収集を徹底している

ギャンブルに強い人は勝つために必要なのは運だけでないことを知っています。そのため事前の情報収集を欠かすことがありません。

これから取り組むギャンブルにはどのような特徴があるのか、勝つのはどんな時で負けるのはどのような時なのかを把握しようとします。そのための情報収集を十分に行なってから勝負に挑むものです。

ギャンブルに勝つためには、勝つための何かが存在することを知っていて、それが何であるのかをしっかりと調べてから取り組む必要があります。ギャンブルに強い人はそれを徹底して行なっているものです。

3:引き際と攻め時をわかっている

ギャンブルでは勝ち続ける時は勝ち続け、負け続ける時は負け続けます。これはギャンブルの結果は確率に基づいているものの、実際には偏りというものが生じるからです。

もちろんそこに何かしらのパターンがあるわけではありませんが、負け続けているからといって次は勝ち続けるとも限りません。それをギャンブルに強い人は心得ているので、引き際と攻め時というものをしっかりと見極めています。

大負けする時というのはたいていの場合、賭け金を大きく増やしたところで負け続けるというケースが多いものです。しかし本来はそのような時には、ギャンブルをやめなければなりません。しかし負けてもいる人は次こそ勝てる、と根拠のない自信をもってお金を注ぎ込み損失を膨らませてしまいます。

とはいえいつ手を引けばよいのかが、多くの人はわかりません。ギャンブルに強い人は多くの経験から判断し、勝てない時は潔くゲームをやめています。

4:オカルトを信じない

ギャンブルに強い人はゲームに何か特別な力が働くような「オカルト」な話を信じません。たとえば数字には流れがあり、そこに何かしらの力が働くといったような話です。

ギャンブルの勝ち負けは純粋に統計と確率をもとに決まります。そもそも、確率論はギャンブルにおける疑問から始まったものです。

一見するとギャンブルの結果には何かしらのパターンが読み取れるようにも思えます。そこに理由づけをすることで、オカルト的な解釈が生まれます。たとえば数字が数字を呼び込むといったような理屈です。

ギャンブルに強い人は論理的に考えるので、そのようなオカルトは信じません。勝敗は単なる偶然によって決まるものであり、未知の力が働きパターンが生じるものではないことを知っています。

5:目の前の負けではなく総合的な勝敗で判断できる

ギャンブルに強い人は勝負にこだわるのではなく、資金を増やすことにこだわります。そのためゲームごとの勝ち負けにこだわることはありません。

ギャンブルで負ける人は、なぜ負けるのかを考えますし負けない方法を考えようとします。そして負けるとつい熱くなり次こそは勝とうと意気込みます。

しかし運により結果が決まるギャンブルは、勝てる方法などはありません。それを求めるということは論理的にはどこかしら無理が生じるため、時にオカルトを信じるようにもなります。

一方でギャンブルに強い人は勝つ時もあれば負ける時もあることを心得ています。時に負けるのは当たり前と考えるため、目の前の勝敗そのものには注力しません。負けることを前提にしていかに資金を増やすのかを考えているのです。

つまりギャンブルに弱い人は勝敗にこだわって勝つ方法を追い求め、ギャンブルに強い人は勝敗そのものではなく「資金を増やす方法」を追い求めていると言えます。

6:自分の負けた原因を冷静に分析できる

ギャンブルに負けるということは、ゲームに負けることを意味するのではありません。

資金を失うということが、ギャンブルに負けることと同義になります。つまりギャンブルに強い人は、資金を失った原因を冷静に分析します。

資金を失うということは負けた時に多くのお金を投じており、勝つ時に投じているお金が少ないということです。つまり、勝つ時に多くのお金を賭けて負ける時にはあまり賭けないことで、資金は増えていきます。

ギャンブルに強い人はそのための方法を考え、資金が増えない時はその原因を分析してルールに反映させます。

7:自分で設定したルールを忠実に守れる

ギャンブルに強い人は勝ち負けにこだわらず資金の増やし方にこだわり、そのためのルールを作ります。そこで資金が増えているのであれば、負けが続いても設定したルールを忠実に守ります。

ギャンブルに負ける人は勝負に負けることにこだわり、そのつどやり方を変えて勝とうとします。たまたま勝った時には、その方法が正しいやり方だと判断します。

たとえばジャンケンをしてたまたますべて「パー」を出して勝ったとすれば、「ここぞという時にはパーを出せば勝てる」と思うようなものです。

ギャンブルに強い人は論理的に資金を増やす方法を考えて実践し、その効果を検証します。その結果、効果的だと判断すれば設定したルールを忠実に実行して一時的な勝ち負けにはこだわりません。

8:未来志向で過去を引きずらない

人はお金を失うと冷静ではいられません。その結果、損失を出したという過去に引きずられてしまうものです。

ギャンブルに強い人はそのように過去に引きずられることはありません。見据えているのは常に未来であり、これから自分が何をすべきかのみを考えています。ルールに何かしらの欠陥があるならば修正し、それを実践で検証します。

このようにギャンブルに強い人は未来志向なので、損失を出したという過ぎた過去を引きずることはありません。

まとめ

ギャンブルに強い人は勝敗にこだわるのではなく、資金を増やすことにこだわります。

そのため感情的になることはなく、損失を出しても冷静に運用するルールの有効性を分析しています。

もちろん負けたことで熱くなり、損失を取り戻すために多くのお金を投じて損失を膨らませるようなこともしません。勝てない人はその逆を行なっていると考えてよいでしょう。

コラム