title

オンラインカジノは違法?合法?日本での逮捕事例と共に実態を解説

コラム

「オンラインカジノって違法ではないの?」「日本国内からプレイしたら賭博罪に問われるのでは…」

在宅需要に伴って、急成長を遂げているオンラインカジノ。興味を持った方も多くいるかと思いますが、不安になるのがその合法性です。

この記事では、オンラインカジノの違法性について詳しく解説していきます。リスクから実際の逮捕事例なども紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

オンラインカジノは違法にあたるの?

オンラインカジノは違法にあたるの?オンラインカジノは違法にあたるの?オンラインカジノは違法にあたるの?

そもそも、オンラインカジノは合法なものなのでしょうか。利用したことのない人にとっては、まずはそこから気になりますよね。

いくらオンライン上であっても、賭博は賭博…。場所を提供している以上、危険なサイトなのではないかと思ってもおかしくはありません。

まずは、オンラインカジノそのものの違法性について詳しくお伝えします。

オンラインカジノ自体は合法

オンラインカジノ自体は合法オンラインカジノ自体は合法オンラインカジノ自体は合法

まず、オンラインカジノそのもの自体は「合法」に運営されています。

オンラインカジノは、ギャンブルが合法な国で運営をされ、運営のための正式な政府発行のラインセンスも取得しています。

海外で運営をされているため、日本の法律には抵触しないということですね。なので、決して「オンラインカジノが悪」であるわけではありません。極めて正当に運営をしています。

オンラインカジノが合法化されている国はどこ?

オンラインカジノが合法化されている国はどこ?オンラインカジノが合法化されている国はどこ?オンラインカジノが合法化されている国はどこ?

では先ほど条件内にあったギャンブルが合法な国はどこがあるのでしょうか。
世界にはカジノが合法とされている国は130カ国以上あり、実は日本のように禁じられている国の方が少数派です。

  • トルコ
  • アメリカ
  • フィリピン
  • オーストラリア
  • シンガポール
  • モナコ
  • アルバ
  • プエルトリコ

これらの国々は有名なランドカジノもあり、なんとなく想像できる方も多いのではないでしょうか。

日本ではオンラインカジノをプレイしたら違法!?

日本ではオンラインカジノをプレイしたら違法!?日本ではオンラインカジノをプレイしたら違法!?日本ではオンラインカジノをプレイしたら違法!?

現在の日本において、公営ギャンブルを除く賭博は法律にて禁じられています。
ゲームセンターでもメダルを換金することは絶対にできませんし、賭け麻雀を行なった検事長が逮捕された事件もニュースで話題になりました。

となると、当然オンラインカジノも違法になると思いますが…実際にはグレーゾーンであるとされています。

明らかに賭博を行なっているオンラインカジノがなぜグレー扱いなのか、理由を見ていきましょう。

店舗型の場合は明らかに違法・オンラインの場合はグレー

店舗型の場合は明らかに違法・オンラインの場合はグレー店舗型の場合は明らかに違法・オンラインの場合はグレー店舗型の場合は明らかに違法・オンラインの場合はグレー

オンラインカジノする場所を店舗にて提供し、店内で入出金を完結させる店舗型オンラインカジノ「インカジ」はご存知でしょうか。

たまに街中でキャッチがいるかもしれませんが、こちらは明らかに違法となります。儲かった金額をその場で換金できるので「ラッキー!」と思うかもしれませんが、賭博行為として成り立ってしまいます。

一方で、自分の所有している端末で自分で入金を行い、カジノから出金をする「オンラインカジノ」はグレーゾーンとされています。

現在の日本においてオンラインカジノに関する法律がない

現在の日本においてオンラインカジノに関する法律がない現在の日本においてオンラインカジノに関する法律がない現在の日本においてオンラインカジノに関する法律がない

さて、ではなぜオンラインカジノはグレーゾーンとされているのでしょうか。
それは、日本の賭博法の目的が関係しています。

日本の賭博法には、

  • 単純賭博
  • 常習賭博および賭博場開帳等図利

の2つがありますが、結論だけ言うとこれらの法律は胴元の検挙を目的としています。

つまり、賭博した人を逮捕するのが目的ではなく、胴元を検挙するために賭博犯を捜査しているということですね。

では、オンラインカジノの話に戻りましょう。
オンラインカジノの胴元はどこにあるかというと…日本国内ではなくギャンブルの合法国にあります。

つまり海外で合法に運営している以上、日本の警察が取り締まることは極めて難しいのです。

胴元が海外であれば、日本国内の賭博犯を捕まえる意味も果たしません。

オンラインカジノに関する逮捕事例を見てみよう

オンラインカジノに関する逮捕事例を見てみようオンラインカジノに関する逮捕事例を見てみようオンラインカジノに関する逮捕事例を見てみよう

日本ではオンラインカジノがグレーゾーンとして扱われていますが、過去に逮捕の事例があるのも事実です。

それでは、それぞれどんな理由により逮捕につながったのが詳しく見ていきましょう。

事例①2016年2月|NetBanQの運営者が逮捕

事例①2016年2月|NetBanQの運営者が逮捕事例①2016年2月|NetBanQの運営者が逮捕事例①2016年2月|NetBanQの運営者が逮捕

NetBanQとは、オンラインカジノの決済サービスのことです。
カジノユーザーとオンラインカジノを結ぶ決済代行を運営していた日本人が逮捕された事例です。

図式を見る限り、NetBanQはただの決済代行会社。オンラインカジノを運営していたわけではありませんが、オンラインカジノをプレイできる環境を与えた点から警察は「胴元」として判断したのでしょう。

NetBanQが検挙されたのは、別の罪にて捜査をされていた容疑者がNetBanQを利用していたのが理由です。間接的に発見されて、今回の逮捕に至ったのですね。

事例②2016年|スマートライブ事件

事例②2016年|スマートライブ事件事例②2016年|スマートライブ事件事例②2016年|スマートライブ事件

こちらは、全国で初めてオンラインカジノのプレイヤーが逮捕されたことで話題になった事件です。

利用していたスマートライブは、日本人ディーラーを起用。さらに日本時間に合わせたイベントなどを行なっていたことから胴元が日本にあるのと同義と判断したようです。

しかし、逮捕された3人のうち1人は裁判で不起訴となりました。

事件の3ヶ月後にはスマートライブの客への不払いも発生し、ライセンスは剥奪され倒産という形で幕を閉じました。

事例③2016年|ドリームカジノ事件

事例③2016年|ドリームカジノ事件事例③2016年|ドリームカジノ事件事例③2016年|ドリームカジノ事件

こちらは、オンラインカジノの運営者が逮捕された事例です。

ドリームカジノは事務所を大阪市に構えてサイトを運営。オランダ領キュラソーにてライセンスを取得していたとのことですが、事務所が国内にあれば完璧にアウトですね。

サイト自体も日本語にのみ対応していたことから、胴元は国内にあると判断されて逮捕となりました。

この際に逮捕されたのはカジノ運営者のみ。プレイヤーに逮捕者はいませんでした。

事例④2015年|勤務中にオンラインカジノ利用の公務員が懲戒処分

事例④2015年|勤務中にオンラインカジノ利用の公務員が懲戒処分事例④2015年|勤務中にオンラインカジノ利用の公務員が懲戒処分事例④2015年|勤務中にオンラインカジノ利用の公務員が懲戒処分

こちらは秋田市の公務員である20代男性が勤務中に私用のスマホでオンラインカジノを行い、懲戒処分となったニュースです。

処分内容は給与の10分の1を減給でしたが、男性は依願退職をしました。

オンラインカジノを行なっていたというよりも、勤務中にスマホで遊んでいたことの方が問題だったのでしょうね。賭博罪として逮捕されたわけではありません。

各オンラインカジノはどのような意思表明をしている?

各オンラインカジノはどのような意思表明をしている?各オンラインカジノはどのような意思表明をしている?各オンラインカジノはどのような意思表明をしている?

国内ではオンラインカジノにまつわる様々なニュースがありました。

それに対し、各カジノは一体どのような意思表明をしているのでしょうか?

ここでは、大手オンラインカジノ「ベラジョンカジノ」と「ジパングカジノ」が公式に発表した見解を見ていきましょう。

ベラジョンカジノの見解

ベラジョンカジノの見解ベラジョンカジノの見解ベラジョンカジノの見解

まずはベラジョンカジノの見解から見ていきましょう。
サポートチャットにて質問すると、以下のような返信をいただきました。

今までにもベラジョンカジノの利用者が逮捕されたという事例はありません。

しかし、公式としては最終的にはプレイヤーの判断に委ねるとのことです。

ジパングカジノの見解

ジパングカジノの見解ジパングカジノの見解ジパングカジノの見解

2016年に逮捕者が相次いだ時、メールにて公式な声明がありました。

他のオンラインカジノ様でのご遊戯にて逮捕者が出ている事についてでございますが、
公開されている情報を精査すると、特定方向への誘導も感じられる部分もあり、
また逮捕=有罪(推定有罪)が全面的に押し出されている感があるかと存じます。
また現行法にて、オンラインカジノとして明確に定められていないと思われる状況下では、
属人主義ではない賭博法の適用に疑問を感じるところであります。
この一連の件に総じて言えることでは有りますが、
報道の文章から見る限り、現在日本の刑法で制定されている賭博法の解釈に当てはめる事は難しく、
罪刑法定主義として禁じられている、類推解釈、拡大解釈の可能性があるかと考えております。
報道で出ているカジノが私どものブランドではない弊社として、今回行動を起こすことはできませんが、
今後、弊社ブランドでの遊戯にて登録者が逮捕され、それが弊社ブランドと共に公表されることがあれば、
貿易上の不公平を訴え、弊社保有ライセンス国を通じWTO(国際貿易機関)に問題提起することを考慮し、
また名誉毀損にて当該国裁判所に向けて提訴する事も吝かではありません。

プレイヤーに配信されたメール文面

公式にこのような声明をあげてくれるとは非常に頼もしいですね。

逮捕されないために…オンラインカジノで安全に遊ぶには

逮捕されないために…オンラインカジノで安全に遊ぶには逮捕されないために…オンラインカジノで安全に遊ぶには逮捕されないために…オンラインカジノで安全に遊ぶには

ではオンラインカジノ関連で逮捕されないためにはどうすればいいのでしょうか。
オンラインカジノを安全にプレーするために覚えておくべきことをお伝えします。

①インカジ店では絶対にプレイをしない

①インカジ店では絶対にプレイをしない①インカジ店では絶対にプレイをしない①インカジ店では絶対にプレイをしない

まず、インカジ店では絶対にプレイをしてはいけません。
冒頭でも少し触れましたが、国内にあるインターネットカジノの店舗は全て非合法に経営されています。

カジノバーなど、純粋にカジノゲームを楽しむだけのお店ならばグレーゾーンです。しかし、店舗に直接お金を支払い、換金されるのは真っ黒です。

万が一、警察の捜査時に居合わせたのならばあなたも同罪として逮捕されることでしょう。オンラインカジノで遊ぶときには、絶対に自分の端末からプレイしてください。

②ライセンスの発行されたサイトかをチェックする

②ライセンスの発行されたサイトかをチェックする②ライセンスの発行されたサイトかをチェックする②ライセンスの発行されたサイトかをチェックする

オンラインカジノで遊ぶときに必ずチェックしてもらいたいのが、ラインセンスの有無です。

オンラインカジノを運営するには、政府から厳しい審査を受けて得たライセンスが必要です。
ない状態で運営をすればそれは違法であり、ライセンスを受けられない理由のある危険なサイトとなります。

できれば信頼度の高い政府から発行されたライセンスを取得しているオンラインカジノを選びましょう。

審査が厳しく信頼度が高いライセンスといえば、以下のものがあげれれます。

  • キュラソー
  • マルタ共和国
  • イギリス
  • アンティグア
  • オルタニー島
  • マン島

ライセンスについては、オンラインカジノのページ下部に明記されていることがほとんどです。ぜひ、登録前にはチェックしてみてくださいね。

まとめ

まとめまとめまとめ

今回は、オンラインカジノの違法性について詳しく解説しました。
まとめると、

  • オンラインカジノを国内から利用して賭博罪にならない可能性が高い
  • 国内に胴元があるオンラインカジノをプレイすることは危険

となります。

本サイトで紹介しているオンラインカジノは信頼されてライセンスを取得しているものだけを扱っています。ぜひ、サイト内のおすすめカジノもチェックしてみてくださいね。

当サイトがおすすめするオンラインカジノ

当サイトがおすすめするオンラインカジノ当サイトがおすすめするオンラインカジノ当サイトがおすすめするオンラインカジノ

激アツオンラインカジノでは国外で運営されている安心安全なおススメのオンラインカジノを紹介しています。

興味のある方は下記記事を参考に遊んでみてください。

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノベラジョンカジノベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは、2010年に営業開始した比較的新しいオンラインカジノです。ソフトやアプリのインストールは一切不要、日本語対応もしており初心者からベテランにまで愛されています。

ベラジョンカジノには遊べば遊ぶほどゲーム内でポイントが貯まる「ご褒美プログラム」システムがあります。ゲーム内のコインを貯めることでキャッシュなどの商品と交換できるので、ヘビーユーザーにとっては嬉しいサービスとなっています。

ベラジョンカジノの詳細解説!入金・出金方法・ボーナス・特徴等を紹介

なお、圧倒的なボーナスの豪華さも多くのプレイヤーを魅了する理由となっています。ベラジョンカジノではウェルカムボーナスとして登録して入金することでMAX$950の還元あり!登録してから3回目までの入金に対してボーナスが受けられます。詳細は以下の通り。

入金回数入金額に対してのボーナスの割合上限金額
初回100%$500
2回目50%$250
3回目100%$200

入金ボーナスを満額入手するには、初回$500、2回目$500、3回目$200の合計$1200の入金が必要になります。資金に余裕のある方はぜひ試してみてください。

ベラジョンカジノではまだまだ豊富なボーナスが用意されていますので、全て網羅してから遊びたいという方はこちらのベラジョンカジノのボーナスなどをまとめた記事をご覧下さい。

ベラジョンカジノに無料登録はこちらから

カジ旅

カジ旅カジ旅カジ旅

カジ旅はカジノゲームにRPGの要素を組み込んだ新感覚のオンラインカジノ!カジノゲームをしながら進んでいくストーリーをアドベンチャー感覚で楽しめます。

カジ旅の詳細解説!入金・出金方法、ボーナス、特徴等を紹介

カジ旅では、ウェルカムオファーという4回の入金で最高$500を獲得できるボーナスがあります。詳細は以下の通り。

入金回数入金額に対してのボーナスの割合上限額
初回100%$100
2回目50%$100
3回目25%$100
4回目25%$200

還元ボーナスに加えて、スロットで使用できるフリースピンも受け取れます。他にもカジ旅ではまだまだ豊富なボーナスが用意されているので、すべて網羅してからプレイしたい方は、こちらのカジ旅のボーナスなどをまとめた記事をご覧下さい。

カジ旅に無料登録はこちらから

インターカジノ

インターカジノインターカジノインターカジノ

インターカジノは20年の運営実績がある、業界でも歴史の長いオンラインカジノです。可愛い2人の美少女キャラが新しいインターカジノ王国を案内してくれるという設定で、楽しみながらオンラインカジノをプレイできます。

インターカジノの詳細解説!入金・出金方法、ボーナス、特徴等を紹介

また、遊べば遊ぶだけリベートボーナスあり!総額$500のウェルカムキャッシュを受け取れるので、ぜひ入金してカジノをお楽しみください。

さらに当サイトからインターカジノに登録すると$30(日本円で約3000円分)を貰えます。インターカジノのボーナスをすべて網羅してからお得にプレイしたい方はこちらのインターカジノのボーナスなどをまとめた記事をご覧下さい。

インターカジノに無料登録はこちらから