ギャンブルの還元率ってどのくらい?公営・株・オンラインカジノを丸ごと比較ランキング!

ギャンブルの還元率ってどのくらい?公営・株・オンラインカジノを丸ごと比較ランキング!

コラム

「一番還元率の高いギャンブルってなに?」「勝てて儲かるギャンブルで一攫千金したい!」

勝ち負けの結果が出る時のドキドキ感を楽しむのがギャブルの醍醐味とはいえ、どうせやるなら勝ちたいですよね。勝ったお金で贅沢に…なんて、想像するだけでもヨダレが出そうです。

今回は、数あるギャンブルの中でも還元率の高いものをピックアップしてランキングにしました。この記事を読めば、どのギャンブルが勝ててどのギャンブルが勝ちづらいのか丸分かりです!

目次

還元率の高いギャンブルランキング

早速、還元率の高いギャンブルランキングを見ていきましょう!
還元率の低いものから、順にご紹介していきます。これから本気でギャンブルに挑戦したい人は必見です!

と、その前に還元率と控除率について簡単に説明します。

還元率:賭けた金額に対して戻ってくる金額の割合
    例えば1万円賭けて9千円戻ってきた場合は「還元率90%」になります。

控除率:賭けた金額に対して、ギャンブルの運営側が得る利益分の割合
    例えば1万円賭けて9千円もどってきた場合は、差し引き千円が運営側の利益になりますので、「控除率10%」ということになります。

ここで注意しなくてはいけないのが、還元率はあくまで理論的なものであって、少ないゲーム数では必ずその数値通りになるわけではありません。

だから勝つ人もいれば負ける人もいるのです。そこがギャンブルの醍醐味ですね。

★還元率と控除率の関係性
100% — 控除率(ハウスエッジ)=還元率(ペイアウト率)

最下位:宝くじ(46.5%)

最も還元率の低いギャンブルは年末ジャンボやサマージャンボでも定番「宝くじ」。
還元率はなんと46.5%!(宝くじ公式/令和元年)宝くじは非課税なのでこれよりも下がることはありませんが、かなり少ない!と思うのでは?

ちなみに、宝くじの還元率は発売総額の5割を超えてはいけないという法律も存在します。法で定められているのであれば、仕方がないのかもしれませんね…。

なお、収益金から事務費用などを差し引いた残りの行き先は、発売した都道府県・政令指定都市の収入となっています。

宝くじの歴史にも少し触れていきましょう。宝くじの正式名称は「当せん金付証票」。また、「宝くじ」という名称が浸透していますが、普通名詞としては「富くじ」が正しいものとなります。

富くじの歴史は古く、なんと江戸時代から存在していたんだとか。当時は寺や神社の修復費用を集めることを目的として販売していたと言われています。

6位:ボートレース(75%)

ボートレースとは、いわゆる「競艇」のこと。モーターボート競走法に基づいて行われる競技のことを指します。

モーターボートの還元率は、ずばり75%!売上金の75〜80%の間で施工者が決めることができます。しかし、競艇も競馬同様に課税の対象です。

実質的な還元率はもう少し下がるでしょう。控除額は船舶産業の振興や公益の増進・地方財政の改善に役立てられています。

ボートレースの歴史にも触れていきましょう。ボートレースが世に出始めたのは戦後の1951年。4種ある公営競技の中では最後に加わりました。

第一回のレースが行われたのは1952年の長崎県の大村競艇場。現在でも発祥地として各種イベントを開催しています。

ボートレースで珍しいのが「男女が同じ条件で勝負する」点です。もちろん、女子限定のレースもありますが多くは男女混合で行われています。

女子選手が男子選手を負かすシーンなんて、他の競技ではなかなか見られる光景ではありませんよね。

5位:競輪(75.0%)

競馬に並んで、知名度の高い公営競技なのが競輪。「自転車」というと馬よりも見劣りするかもしれませんが、そんなことはありません。選手が目の前を通過する時の風切り音は迫力満点です!

そんな競輪の還元率はズバリ75%です。控除された25%は選手への賞金や経費・運営への交付金・公営企業金融公庫への納付金として利用。

残った利益が地方自治体の歳費となっています。競輪で得た払戻金も課税対象なので、一定の額を得たら確定申告が必要です。

競輪の歴史に触れていきましょう。今のような競輪が誕生したのは1948年。北九州市の小倉競輪場でのレースが第一回でした。

当時の競馬の控除率が34.5%であったのに対し競輪は25%。還元率の高さもあり、競輪は爆発的人気を博しました。

時は経ち、バブル崩壊の頃になると一気に売り上げは右肩下がりに。その低迷は2012年ごろまで続きます。

しかし、新たに開始した無観客レース「ミッドナイト競輪」、出走時間を早めた「モーニング競輪」や女子選手レース「ガールズケイリン」発足により低迷を打破。現在も決して油断はできない状況ではあるものの、今後の発展に期待できる公営競技です。

4位:オートレース(70〜80%)

オートレースとは、排気量は600ccの二輪車を用いて競馬のように戦う競技です。

競馬や競艇と比べると、知名度は低いですがそれもそのはず。国内にオートレース場は5箇所しかありません。競馬場が全国に25箇所、競輪場が全国に43箇所ある中で5箇所というのは非常に少なく感じますよね。

そんなオーレースの還元率は、70%!2012年以前までは他の公営競技と同様に控除率は25%でしたが、法改正により控除率が引き上げられたのです。

当然、その後売り上げは落ち込みます。現在ではグレードの高いレースなどでは特別に還元率が80%になるよう設定し、開催をしています。オートレースも課税対象となるので、実質的な還元率は下がります。

オートレースの歴史にも触れていきます。オートレースが開始されたのは、1949年多摩川スピードウェイにて。かつては、全部で11箇所にレース場がありましたが、現在は5箇所しかありません。6箇所も閉鎖されたのは主に不況が原因です。

運営に入る控除額を引き上げれば客は不利になり遠のく。還元率を上げれば、運営が赤字に…。非常に難しい状況ですが、歴史ある公営競技の存続を願うばかりです。

3位:競馬(70〜80%)

秋の「菊花賞」や年末の「有馬記念」などは競馬に興味のない人でも聞いたことはあるのでは?元祖ギャンブル・公営競技の代表格というイメージを持つ方も多いかと思います。

さて、競馬の還元率はというとずばり70〜80%!宝くじと比較すればグッと高くなりますね。しかし、競馬で得た収入には課税されますので、実質的な還元率は下がるでしょう。

競馬では売得金の70〜80%を還元しなくてはならないと法律で定められており、控除額は主に畜産の復興に使われています。

競馬の歴史にも触れていきましょう。競馬はもともとイギリス発祥の競技で、日本で初めて開催されたのは江戸幕府の開港した1860年ごろであると言われています。開催地は横浜の元町、初開催から6年後には同じく横浜・根岸に競馬場が作られました。

時は流れ2021年現在では、AIを利用した勝馬予想が盛んになっています。150年以上の歴史を超えて、ここまで技術が発展しているとは昔の人は想像もしていなかったでしょうね。

2位:パチンコ・パチスロ(約90〜96%)

いまやどんな街にもあるパチンコ・パチスロ店。新台入荷時には行列を作って待機している人も見られますよね。

そんなパチンコ・パチスロの還元率は約90〜96%ほどとされています。

パチスロには設定という概念が存在しており、設定が高い程還元率が高いです。最高設定では還元率が100%を超える=お客側が勝てるようになっています。

しかし、店には何百台というパチスロが設置されており、そのうちの数台が最高設定でも、他の台と合わせて平均すれば大体90~96%あたりに収束します。

また、換金差や小役の取りこぼしという問題もあり、メーカーが公称している数値よりも実際には低い還元率になっているのが現実です。

実際にどれほどの人が行なっているのかはさておき、パチンコで得た収益も確定申告の義務があります。

パチンコの歴史は古く、大正時代から存在していました。しかし、本格的に火がついたのは「正村ゲージ」と呼ばれるゲージ構成が登場した戦後から。射幸性の高い計算されつくしたゲージはプレイヤーもメーカーも大きく注目しました。

1953年に第1期黄金時代、1960年に第2期黄金時代が到来。平成以降は多機能な台が続々生まれ、様々な規制を受けながらも現在に至ります。

1位:オンラインカジノ

オンラインカジノの還元率は93〜99%とギャンブルの中ではダントツです!

還元率の高さの理由はその運営形態にあります。オンラインということは、設備費や人件費は最低限で済むということ。

運営にかかる費用が少ない=控除を少なくしても問題がない…ということですね。また、24時間世界各国からのプレイが可能なので利益を得る機会も多いのです。

オンラインカジノと聞くと「コロナ禍で最近できたのかな?」と思ってしまいますが、歴史はかなり長いです。最古参の「インターカジノ」は1996年に設立!2007年にはライセンスも取得して現在も運営しています。

1997年というと、携帯電話にようやくメール機能が備わった頃。そんな時代からオンラインカジノが始まっていたなんて驚きですよね。

オンラインカジノの中でも還元率が高いのはどれ!?

オンラインカジノの還元率が非常に高いことがわかりましたが、還元率はゲームによって異なります。

ここでは、特に還元率が高いおすすめのゲームをご紹介します。
「少しでも多く勝ちたい!」と思う方や初心者の方はぜひチェックしてみてくださいね。

還元率1位:ブラックジャック

高還元ゲームの第1位は、ブラックジャックで約99.4〜99.7%!
ブラックジャックは山札からカードを引き、ディーラーと自分でどちらが21に近いか競うゲーム。
単純な運ゲーではなく、様々な攻略法が存在します。

もっとも使いやすいのが「ベーシックストラテジー」と呼ばれる攻略法。自分の手札と相手のアップカードから、最善のアクションを選ぶことができます。
ブラックジャックに関するルールについては、以下の記事を参考にしてください。

オンラインカジノのブラックジャックを徹底解説 遊び方やおすすめサイトも紹介!
勝率がUPするブラックジャックのカウンティングとは??実践方法まで徹底解説!
ブラックジャックで使える「インシュランス」は得なのか?パターン別に解説!

還元率2位:バカラ

高還元ゲームの第2位は、バカラで98.9%です!
バカラとはバンカーとプレイヤーのどちらが9に近い数字かを当てるゲーム。どちらが勝つかを予想してベットするシンプルなカジノゲームです。

ルール上、プレイヤーとバンカーで若干還元率は違いますが、概ね一緒と考えて構いません。タイやペアに賭けてしまうと還元率が大きく下がってしまうので注意してください。

詳しいルールについては以下の記事で紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

オンラインカジノのバカラの特徴・メリットについて解説!勝つコツなども紹介!
【バカラ攻略】罫線の種類と見方・書き方を徹底解説!
【写真付き】バカラの絞り(スクイーズ)とは?失敗しないやり方からマナーまで徹底解説

還元率3位:クラップス

高還元ゲームの第3位はクラップスで約98.5%!

日本ではマイナーですが、クラップスも還元率の高いゲームです。賭け方によっては還元率100%のとなるタイミングもあります!還元率100%とはつまりカジノ側の利益がないということですから、なんて太っ腹なゲームだと思いませんか?

逆に賭け方によっては90%を下回ってしまう場合もあります。
下の記事を良く読んでルールを把握してから遊ぶようにしましょう。

クラップスの基本ルールから掛け方まで解説|イカサマ疑惑を避けるためのマナーも紹介

儲けるのにおすすめのオンラインカジノ4選

ギャンブルの中でもダントツの還元率を誇るオンラインカジノ。しかし、調べると多数のオンラインカジノサイトが出てきて迷ってしまいますよね。

今回は、当サイトおすすめのオンラインカジノを4つご紹介。どれもお得なボーナスが用意されているのでぜひこの機会にご登録ください。

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは、2010年に営業開始した比較的新しいオンラインカジノサイトです。オンラインカジノ未経験の方や初心者の方におすすめの遊びやすいオンラインカジノとなっています。ソフトやアプリのインストールが一切不要です。

ベラジョンカジノの詳細解説!入金・出金方法・ボーナス・特徴等を紹介

なお、圧倒的なボーナスの豪華さも多くのプレイヤーを魅了する理由となっています。

入金するごとに貰える豪華なボーナスが用意されており、MAX$950になっています。登録してから3回目までの入金に対してボーナスが受けられます。詳細は以下の通り。

入金回数入金額に対するボーナスの割合限度額
初回100%$500
2回目50%$250
3回目100%$200

入金ボーナスを満額入手するには、初回$500、2回目$500、3回目$200の合計$1200の入金が必要になります。資金に余裕のある方はぜひ試してみてください。

こちらのボーナスとは別にまだまだ豊富なボーナスが用意されていますので、全て網羅してから遊びたいという方はこちらのベラジョンカジノのボーナスなどをまとめた記事をご参照下さい。

ベラジョンカジノ バナーリンク

インターカジノ

インターカジノは20年以上の運営経験があり、老舗として信頼のできるオンラインカジノです。日本人に親しみやすいオンラインカジノを目指して2020年当初にリニューアルオープン。2人の美少女キャラが新・インターカジノ帝国を華麗にナビゲートします!

インターカジノの詳細解説!入金・出金方法、ボーナス、特徴等を紹介

またインターカジノではさまざまなボーナスを用意しています。登録した全てのプレイヤーにウェルカムキャッシュとして総額$500をプレゼントしています。

さらに当サイト限定で、当サイトからインターカジノの登録すると$30が貰えます。日本円で約3000円分になります。インターカジノのボーナスをすべて網羅してからお得にプライしたい方はこちらのインターカジノのボーナスなどをまとめた記事をご参照下さい。

カジ旅

数あるオンラインカジノの中でも一風変わったオンラインカジノが「カジ旅」です。カジ旅はRPG要素が組み込まれた仕様となっていて、カジノゲームをしながら進んでいくストーリーを楽しむことができます。また、他のプレイヤーと会話をすることもできるため、MMORPGのような要素が色濃く出たオンラインカジノと言えます。

カジ旅の詳細解説!入金・出金方法、ボーナス、特徴等を紹介

カジ旅では、ウェルカムオファーという4回の入金で最高$500を獲得できるボーナスがあります。詳細は以下の通り。

入金回数入金額に対するボーナスの割合限度額
初回100%$100
2回目50%$100
3回目25%$100
4回目25%$200

またStarburstで使用できるフリースピンなどを受け取れます。他にもカジ旅ではまだまだ豊富なボーナスが用意されているので、すべて網羅してからプレイしたい方は、こちらのカジ旅のボーナスなどをまとめた記事をご参照下さい。

casitabi_button

チェリーカジノ

チェリーカジノは1963年にスウェーデンで創業され、2000年にオンラインカジノの業界に進出した老舗カジノの1つです。オンラインカジノの中では有数の賞を受賞していて、日本国内にもオンラインカジノを浸透させるためにYoutubeなどを利用してチェリーカジノの魅力や遊び方を発信しています。

チェリーカジノの詳細解説!入金・出金方法、ボーナス、特徴等を紹介

なお、豪華なボーナスも多くのプレイヤーを魅了する理由となっています。

入金するごとに貰える豪華なボーナスが用意されており、MAX$1500になっています。登録してから4回目までの入金に対してボーナスが受けられます。詳細は以下の通り。

入金回数入金額に対するボーナスの割合限度額
初回100%$500
2回目100%$500
3回目25%$300
4回目50%$200

ボーナスの割合が100%の場合は$500の入金に対して$500のボーナスを受け取れますが、3回目の入金ではボーナスの割合が25%なので$125しか受け取れません。初回と2回目の入金では、ボーナスの割合が100%なので受け取って損はありません。

チェリーカジノではまだまだ豊富なボーナスが用意されているので、すべて網羅してからプレイしたい方はこちらのチェリーカジノのボーナスなどをまとめた記事をご参照下さい。

cherrycasino

まとめ

今回は各ギャンブルの還元率について解説しました。宝くじや公営競技は、地方自治体の資金作りを目的にしていることもあり還元率は低めです。対して、オンラインカジノは胴元が必ず儲かる仕組みになっていることもあり高還元になることがわかりました。

「絶対に勝ちたい」「少しでも多く儲けたい」と思っているのであれば、還元率を気にすることは非常に重要です。ぜひ、この記事を参考にオンラインカジノに挑戦してみてくださいね!