大数の法則を対策してカジノで勝とう!実践例と共にわかりやすく解説

大数の法則を対策してカジノで勝とう!実践例と共にわかりやすく解説

お金さん

お金さん

ギャンブルで、勝利の波に乗ろうとさらに勝負をしたら、気づくとマイナス収支になっていたということはありませんか?

それは、大数の法則という概念が関係しています。大数の法則は、ギャンブルやカジノで安定して勝つためには、知っておくべき概念です。ギャンブルやカジノで稼いでいる人は、全員が大数の法則やその対処法を知っていると言っても過言ではありません。

そこで今回は、大数の法則の詳しい解説や大数の法則を覆す対処法、対処法を踏まえた攻略法までお届けします。

この記事を読んで、ぜひギャンブルで勝つ力を身につけていってください。

2022年おすすめオンラインカジノ!

カジノ名特徴・ボーナス
レオベガス
レオベガス
・多数の受賞歴有り
【おすすめ!】
 初回入金で最大15万円の現金ボーナス
 &合計150回のフリースピン

登録ボーナスフリースピン10回
BeeBet
beebetのロゴ
・珍しいスポーツやイベントにベット可能
カジノで使える登録ボーナス$40

 ボーナスコード:GEKIATSU40(当サイト限定)
 もしくはスポーツで使える$10フリーベット
 ボーナスコード:SPORTS10
最大$500の初回入金ボーナス
遊雅堂
・安定のベラジョン系列
入金不要ボーナス3000円
最大10万円の初回入金ボーナス
ワンダーカジノ
ワンダーカジノ
・手厚いVIP待遇
最大$500の初回入金ボーナス
入金不要ボーナス$30
ベラジョンカジノ
・安心と信頼の業界最大手
入金不要ボーナス$30
最大$950の初回入金ボーナス

おすすめオンラインカジノランキングを一覧で確認したい方はこちら↓

大数の法則とは?カジノで勝つための重要概念

サイコロ

大数の法則とは、「物事を繰り返せば繰り返すほど、その結果は確率通りに収束する」という概念です。

例えば、じゃんけんを2人で遊ぶと勝率は50%です。しかし、数回遊んだ程度ではその通りにはあまりなりません。どちらかが勝ち越すことも多いでしょう。

ただ、これを1,000回、10,000回と繰り返していくと、それぞれの勝率はどんどん50%に近づいていくと言われています。そこからさらに無限に繰り返していくと、限りなく勝率は50%になるのです。

このように、偏りを経ても最終的には確率通りに落ち着く事象の事を、大数の法則と言います。

還元率とは?ギャンブルの勝ちやすさに直結する存在

還元率

大数の法則をギャンブルやカジノと絡める場合、還元率という概念も重要になってきます。

還元率とは、運営に集まったお金のうち、参加者に配当として支払われる金額の割合のことです。

例えば、競馬は還元率が約80%と言われています。80%の還元率だった場合、集まった賭け金の20%は運営の収入として回収されるわけです。

この還元率が高いギャンブルほど、賭けている人達で奪い合える金額が増えるので、勝ちやすいギャンブルだと言われています。

大数の法則と還元率の関係性

関係性

では、大数の法則と還元率がギャンブルやカジノにおいてどう関わってくるのか?について、ここからは詳しく解説していきます。

確率が収束すると還元率の通りになる

ギャンブルで遊んでいると、沢山勝てて大金を手にする日もあれば、負けて所持金が無くなる日もあります。また、時には連勝続きで、このままいつまでも勝ち続けられると感じることもあるかもしれません。

しかし、ここで大数の法則を思い出してください。大数の法則は、最終的に確率通りの数値に事象を収束させます。

ここで確率として使われるものが、還元率です。還元率が80%だった場合、参加者が奪い合う金額は集まった金額の80%です。

これはつまり、参加者全員が平等な勝率だった場合、賭けた金額の20%は損をします。もちろん概念上の話ですが、長く遊んでいれば勝ち額と負け額の平均値はどんどん還元率に近づいていきます。
そのため、どんなに連勝を重ねたとしても、いつかは負けが増え始め、最終的には還元率の通りになってしまうのです。

カジノやギャンブルは運営が儲けるように出来ている

たまにテレビなどで、芸能人が大穴を当てたりカジノで勝ったりして、数千万円稼いだというニュースが流れたりします。

これだけ見ると、運営が赤字を被ってるように見えます。しかし、ここで大数の法則と還元率の話を思い出してください。

1回単位では、このように大金が飛び出すこともあります。ただ、還元率が100%以下だった場合、最終的には還元率通りに収益が収束します。
瞬間的には収益が悪くなったとしても、最終的には必ず運営が儲けられるように出来ているため、ギャンブルが開かれているのです。

実際にルーレットで大数の法則を検証

ルーレット

大数の法則の理屈を理解したところで、次は実際にその通りになるのか、シュミレーションを紹介します。

検証方法は、ルーレットの赤黒賭けで行います。緑色の0が出た場合、それはカウントしません。なので、赤黒の出現率は50%ずつとなります。
言葉よりも直感的にわかるので、良く目を通して理解を深めてください。

10回目までの確率

10回目までの検証結果です。

7回3回

50%という確率通りにはならず、赤が多い結果になりました。

50回目までの確率

50回目までの検証結果です。

31回19回

赤が6割を超えていて、若干ですが赤の出現率が高いです。しかし、10回目までの時点では80%だったので、だんだんと確率通りに収束してきています。

100回目までの確率

100回目までの検証結果です。

54回46回

最終的に赤が多いままでしたが、だいぶ50%に近づいて来ました。

もう少し続けていると、もしかしたら黒が逆転するかも知れませんが、今回はここで打ち止めとします。

数字が増えるほど結果は収束する

10回目まで70%30%
50回目まで62%38%
100回目まで54%46%

最初は酷い偏りがあったものの、だんだんと確率通りの数字に落ち着いていき、最後はあまり大差ない出現確率になりました。
毎回このような確率になる訳ではありませんが、大数の法則が働くと、このようにどんどん確率通りの数字になっていきます。

大数の法則を覆す対策5選

対策

大数の法則と還元率によって、数をこなすと不利になることはわかりました。

だからといって、どうやってもギャンブルに勝てないという訳ではありません。ギャンブルやカジノで稼いでいる人は、大数の法則を覆す対処法を知っているのです。

ここからは、その対処法の中でも特に重要な下記の5つを紹介していきます。

  • 状況設定をばらばらにする
  • ベットのタイミングを見極める
  • たくさんベットできる資金を持つ
  • 撤退する金額を決めておく
  • 還元率の良いギャンブルをする

状況設定をばらばらにする

大数の法則は同じことを繰り返すと、より収束が速まります。同額のベットや同ポジションのベットなど、同じ状況を繰り返していると、あっという間に還元率通りの結果に近づきます。

なので、賭ける金額やギャンブル内容を少しずつ変えて行くことは、大数の法則に飲み込まれない対策として有効です。

深い事を考えずに、いつも同じゲームで同じ賭け方をしているとしたら、運営に募金しているようなものです。様々な状況でギャンブルを行って、少しでも試行回数を分散させるようにしましょう。

ベットのタイミングを見極める

ギャンブルは、勝てるタイミングでは強気に出ることで、還元率以上の結果を出せる可能性が生まれます。

勝てるタイミングというのは、確率が偏って、まさにこれから大数の法則が働きそうな時などです。そのタイミングを待ち、出現してない偏りに大きく賭けることで、より高確率かつ低資金で勝てる可能性があります。

ただし、ハイリスクハイリターンなゲームを遊ぶ時などは注意が必要です。大数の法則は、確率が低ければ低いほど、収束するのに時間がかかります。例えば宝くじなどは、当たりが少ない代わりに当選額が大きい仕組みです。そのため、過去の傾向をチェックしても、収束するタイミングを見極めるのは厳しいでしょう。

もちろん宝くじでなくても、場合によっては長い時間をかけて収束していくこともあります。予想がはずれても、焦って判断力を失わないようにしましょう。

たくさんベットできる資金を持つ

試行回数の分散と、確率の偏りの発見を同時に実現するには、少しでも多くのゲーム数をこなす必要があります。また、ベット額と所持金が見合わないギャンブルは、冷静な判断をさえぎる原因にもなります。

ギャンブルによって適正額は変わりますが、自分の総資金から1回の賭け金を計算して、通常時は大きく賭けすぎない意識を持ちましょう。少しでもチャンスに直面する機会を増やして行くことは、大数の法則を覆す大きな武器になります。

とはいえ、ただギャンブルを長時間やるだけでは意味がありません。重要なのは最終的に利益が生まれる状況を作ることです。還元率が100%をこえる状況で賭け続けているのであれば、途中で1回負けても最終的な勝ちは揺らぎません。

一時的に資金が減ってもあまり心配し過ぎず、チャンスを積み重ねる意識は常に持つようにしましょう。

撤退する金額を決めておく

撤退ラインを決めておくのは、大数の法則の対策ではなくとも重要なことです。

負けているからここからは上向くという考えは、大数の法則を踏まえると間違いではありません。しかし、それでもなお負け続けてしまう場合もしばしばです。その際に、いくら負けたらやめるというラインを決めておかないと、必要以上に負け額が大きくなってしまいます。

また、勝っている時も撤退ラインは重要です。ギャンブルではストレートに負けるより、勝っている時に負けだした方が判断力を奪われます。それに、いくら対策を練ってギャンブルに挑んでも、常に勝てるわけではありません。
深追いしてたまたま勝てたとしても、それはたまたまその日は還元率より上向いたというだけです。勝ちやすいタイミングできちんと賭けて勝つことが、ギャンブルで安定するコツです。

還元率の良いギャンブルをする

色々な対策を説明しましたが、還元率が高いギャンブルに絞るという対策に勝るものはありません。

還元率の高いギャンブルなら、仮に大数の法則通り収束したとしても、負け額は小さいです。これは多少判断をミスしても、リカバリーが効きやすいということでもあります。

また、最終的に大きく負けないということは、下振れよりも上振れの方が起きやすいということです。上振れが起きているタイミングで撤退すれば、大数の法則の影響はありません。

このように、還元率が高いということはメリットも多いです。特にこだわりがないのであれば、還元率が高いギャンブルを主戦場にしましょう。

ルーレットやバカラで使える大数の法則の攻略法3選

物申したそうな女性

大数の法則の対策を知ったところで、今度はその対策を活かせる下記3つの攻略法を解説します。

  • マーチンゲール法
  • ダランベール法
  • ココモ法

この攻略法とともに、賭けるタイミングと金額を調整すればかなり戦えるようになるので、もう少しお付き合いください。

マーチンゲール法|1回勝てば利益が出る

マーチンゲール法は、負けるたびに賭け金を1.2.4.8…と増やしていく攻略法です。50%の確率のギャンブルで使えるので、カジノゲームなどで特に多用されます。

この攻略法の特徴は、どのタイミングでも1回勝てば必ず利益が出るところです。なので、50%が偏っているタイミングで使用し始めると、より勝率を高められます。

しかし、注意点として、あっという間に1回の賭け金が膨れ上がってしまう欠点があります。使用する際は、何連敗でやめるか厳格に決めるようにしましょう。

ダランベール法|自分の収支が可視化しやすい

ダランベール法は、勝ったら賭け金をマイナス1、負けたらプラス1するという攻略法です。どれだけ負け越しているか判断しやすくて、賭け金の上がり幅も緩やかなので、冷静にギャンブルができない人におすすめです。

また、ダランベール法はそのシステム上、好きな額から始められます。なので、自分の所持金に見合った金額で、稼ぐテンポを速められます。
そして、ダランベール法の最大の魅力は、展開次第では負け越してもプラスになることがあるということです。上手くハマれば、タイミングを見極めなくても使える攻略法なので、なかなか確率の波が生まれない時におすすめです。

ココモ法|連敗時に大きく勝てる

ココモ法は、1.1.2.3.5.8.13…というように、前回と前々回の賭け金を足した数を賭ける攻略法です。ココモ法は、勝率33%のギャンブルで使うことを前提に作られているので、使える場所は限られます。例えば、ルーレットの12マスをカバーする賭け方などで使うと、正しい効果が得られるでしょう。

少しややこしくて使える場所も限定的ですが、ココモ法はすごいパワーを秘めています。実際に利用すると分かりますが、連敗数が多いほど、勝った時の金額が増していくような仕組みとなっています。その上に賭け金の上り幅も緩いので、かなり使いやすい攻略法です。

そして、使用条件が33%のギャンブルということで、偏りが生まれる頻度もかなり高いです。数回外れてからココモ法を利用すると、還元率以上のアベレージを叩き出すこともあります。

大数の法則を覆すならオンラインカジノがおすすめ

オンラインカジノ

ここまで読んだ方は、かなり大数の法則への対策が出来るようになりました。しかし、それを最大限活かせる場所を知らなければ、宝の持ち腐れとなってしまいます。

今回紹介した対策や攻略法が1番活かせる場所、それはオンラインカジノです。

オンラインカジノは名前の通りオンラインで遊べるカジノで、場所や人件費がかからないので、還元率は平均で97%程度もあります。オンラインという性質上、場所と時間にも縛られません。賭けずともプレイできるカジノゲームも多いので、満足行くまで大数の法則の対策や攻略法の検証をおこなえます。

また、オンラインカジノは海外の企業が運営するサイトなので、違法性の心配も少ないです。それに加えて、カジノがある国の政府が発行したライセンスがないと経営できないので、安全性はお墨付きです。

日本の公営ギャンブルよりも圧倒的に勝ちやすい仕様になっているので、こだわりがなければオンラインカジノに移行してみましょう。

大数の法則に関するFAQ

FAQ

大数の法則に関するFAQを2つ紹介します。

そもそも大数の法則ってなに?

大数の法則とは、物事を繰り返せば繰り返すほど、その結果は確率通りに収束するという法則です。コイントスで表と裏の出る確率が、回数を重ねるごとに50%に近づいていくことなどが、例として挙げられます。

大数の法則とギャンブルの関係は?

大数の法則の考え方は、ギャンブルの勝敗の波を見極める際に活用できます。勝率50%のギャンブルの場合、どちらか一方に結果が偏っていれば、もう片方の波がこれからくると予想するといった具合です。

まとめ:大数の法則を乗り越えてギャンブルで勝とう

この記事では、大数の法則の詳細や対策、攻略法まで紹介してきました。

何も考えずにギャンブルやカジノで遊んだ場合、どうやっても大数の法則に飲み込まれます。しかし、その理屈を知って対策を練れば、決して越えられないものではありません。

ここまで読んだ方があと必要なものは、動じない心だけです。大数の法則について学んだことを活かして、ぜひギャンブルやカジノで稼げるようになってください。

コラム