カジノやバカラで破産する人の特徴とは?ギャンブルによる自己破産は可能?

カジノやバカラで破産する人の特徴とは?ギャンブルによる自己破産は可能?

お金さん

お金さん

カジノはほどよく楽しむ分にはよいのですが、下手をすると破産しかねないので注意が必要です。

特にバカラにのめり込んで借金を重ね、最後に自己破産するというケースが多々あります。

そこでカジノで破産しないためには何に注意すべきか、破産しやすいのはどのような人なのかを詳しく解説します。

2022年おすすめオンラインカジノ!

カジノ名特徴・ボーナス
レオベガス
レオベガス
・多数の受賞歴有り
【おすすめ!】
 初回入金で最大15万円の現金ボーナス
 &合計150回のフリースピン

登録ボーナスフリースピン10回
BeeBet
beebetのロゴ
・珍しいスポーツやイベントにベット可能
カジノで使える登録ボーナス$40

 ボーナスコード:GEKIATSU40(当サイト限定)
 もしくはスポーツで使える$10フリーベット
 ボーナスコード:SPORTS10
最大$500の初回入金ボーナス
遊雅堂
・安定のベラジョン系列
入金不要ボーナス3000円
最大10万円の初回入金ボーナス
ワンダーカジノ
ワンダーカジノ
・手厚いVIP待遇
最大$500の初回入金ボーナス
入金不要ボーナス$30
ベラジョンカジノ
・安心と信頼の業界最大手
入金不要ボーナス$30
最大$950の初回入金ボーナス

おすすめオンラインカジノランキングを一覧で確認したい方はこちら↓

目次

カジノで借金地獄!?破産をした国内プレイヤーの事例

実際にカジノのバカラで破産をした国内プレイヤーの事例を見てみましょう。

事例①バカラで1.5億円使い込み破産|企業社長

海外のカジノへお客を紹介することで報酬を得る「ジャンケット業者」の社長がバカラで1.5億円を使い込んだことが発覚し自己破産しました。

カジノ事業に絡む資金提供者から借りた4億円超も返済していないとのことです。使い込んだ1.5億円はマカオのカジノに保証金として預けたお金でした。

ほかにも多額の使途不明金があるとして、経営陣から刑事告訴・告発を受けました。

事例②韓国カジノで1000万円以上の借金で自己破産|元IT企業社長

元IT企業の社長は最初のうちは小遣い程度のお金しかカジノで使わなかったそうです。その時にVIP待遇を受けられるカードを作っていました。

そして会社の資金繰りに困っていた時にたまたまカジノでお金を増やしたことでクセになり、その後30回以上カジノに足を運んだとのことです。

「いつかは勝てる」と負け続けてもカジノを続けたことで1,000万円の借金を作り、最終的には自己破産しました。

事例③借金返済目的でカジノへ行くも…大負け|20代男性

借金を返済するためにクレジットカードで資金を作り、結果的に大負けして自己破産した例があります。

この男性はカードでお金を借りる様子やカジノでのプレイの様子をネットで配信していました。

途中で大きく勝つことがあるものの、逆に負けてお金がなくなると借金をするということを繰り返していました。

やがて借金もできなくなり、自己破産しています。

カジノ(オンラインカジノ)で破産しやすいプレイヤーの特徴

カジノで破産することを避けるため、どのようなプレイヤーが破産しやすいのかを知っておきましょう。

①借金をしてカジノで遊んでいる

カジノで破産する事例として多いのは、借金をしていることです。借金をしてカジノゲームをプレイすると、破産しやすいと覚えておきましょう。

借金をしてまでカジノでゲームをする理由は主にふたつあります。ひとつは、すでにある借金の返済のため、そしてもうひとつはカジノでの負けを取り戻すためです。

すでにある借金を返済する目的でカジノをする人は、返済の当てがないためカジノで大きく稼ごうと考えます。

大きな当たりさえ出れば借金を返済できると、さらに借金を重ねてしまうのです。

そしてもうひとつ、カジノで負けたお金を取り戻そうと借金をするケースも少なくありません。

しかし、そもそもカジノで勝てないからお金を失っているのに、借金をしたからといって勝てるようになるわけではありません。

そのため負け続けて結局は借金したお金も失うことになります。

②過去に奇跡的な大勝ちを経験している

一度でも大勝ちを経験すると、どれだけ負けてもカジノをやめられないというケースは少なくありません。

いずれはあの時のように勝てる、と希望を持ち続けるからです。

やがてギャンブル依存症となり借金をしてまでも賭け続けることになります。

この場合にも最終的には返しきれないほどの借金をして、その返済ができなくなるため破産に至ります。

③クレジットカードで入金をしている

オンラインカジノはクレジットカードで簡単に入金できるため、そのお金を失って返済不可となり破産するケースがあります。

オンラインカジノでのクレジットカードはショッピング枠を使いますが、負けたらキャッシング枠も使うことになるでしょう。

キャッシングをするということは、手持ちの現金がないということです。クレジットカードを使ってカジノをする人は注意しましょう。

④ベットをする際に計画を一切していない

破産するまでカジノで遊ぶということは、負け続けるということです。なぜそこまで負け続けるのかというと、ベットする際に計画を立てていないからです。たとえば自己資金をすべて1回のベットに投じてしまうと、外れたらそれで終わりです。

しかし現実には1回とは言わずとも、相当の大金を1度に賭けるプレイヤーがいます。そのような賭け方をすると、破産する可能性が高くなります。

⑤出金するまで待てない

オンラインカジノで運良く勝てばアカウントにそれなりのキャッシュが残ります。そこで出金しておけば、それ以上ゲームに注ぎ込むことはありません。

かし出金するまで待つことができない人は、そのままゲームを続けて最終的にお金をすべて失うことになるでしょう

カジノは長く遊ぶほどに損失を出す可能性が高まるゲームです。それを心得ていない人は、破産する可能性が高いと言えます。

⑥損切りができない

カジノで損をしたらそこでやめることができるかどうかが、破産せずに済むかどうかのポイントです。

損切りできずに負けたお金を取り戻そうとする人は、破産する危険性があります。

カジノで失ったお金は損失ではなく、あくまでもゲームを楽しむ出費と考えるべきでしょう。

カジノは決してお金を増やす目的でするゲームではありません。

⑦ギャンブルに対して熱くなりやすい性格である

賭け事に対してつい熱くなる人も注意が必要です。負けず嫌いで勝つまでゲームをする人がいますが、カジノでそれをすると借金までするようになります。

借金をしてしまったら、あとは破産への道を突き進むのみと考えたほうがよいでしょう。

ギャンブルは勝つ時もあれば負ける時もあります。負けても当たり前というように、ある程度は割り切るようにしたほうがよいでしょう。

⑧つい長時間プレイしてしまう

カジノで長時間プレイする人も破産する危険性があります。

カジノのゲームにはハウスエッジがあり、胴元であるカジノに有利なルールとなっています。

つまり短時間であれば運良く勝つこともありますが、長時間ゲームを続けるとプレイヤーは負けるようになっているのです。

それを知らずに長くゲームを続ける人は注意したほうがよいでしょう。

⑨負けていても賭け金を引き上げて取り返そうとする

カジノで破産する典型的な例は、負けたお金を取り戻そうとすることです。そして負けたお金は少しでも早く取り戻したいという意識が働きます。

その結果、賭け金を引き上げて、多くの配当金を得ようとします。

もちろん賭け金を引き上げれば、負けた時の損失も大きくなります。

損失は急速に膨らみ、それを取り戻そうとさらに賭け金を引き上げるという悪循環にはまります。

⑩ギャンブル依存症を患っている

カジノで借金までするようになるということは、すでにギャンブル依存症を患っている可能性があります。

ギャンブル依存症は自分の意思でカジノをやめることが難しいので、最終的に破産するまでゲームを続ける傾向があります。

本人にはギャンブル依存症の自覚がないこともあるので、周囲の人が気づかなければ破産する可能性は高いと言えるでしょう。

カジノ(オンラインカジノ)で破産に至る原因

カジノでどのようにして破産に至るのかを知っておきましょう。

①借金の返済を目的にカジノでプレイしている

借金の返済のためにカジノをするということは、すでに返済能力がないということです。

この場合にはカジノで負けて借金をすべて溶かしてしまうと、その返済は不可能となり自己破産する以外に道はなくなります。

カジノは大きく勝つ可能性があるとはいえ、必ず勝てるわけではありません。不確実なことをあてにすると、かえって借金を増やすことになるので注意が必要です。

②利益確定をする前にゲームで大負け

カジノは勝つのも負けるのも運しだいです。そのため、勝って利益を得たならばそこでやめるのが鉄則です。

しかし勝てば調子づいて、もっと勝とうと考えてしまいます。その結果ゲームで負けるようになり、結局は大負けすることになります。

カジノは長く続ければ負ける可能性が高いゲームだということを頭に入れておくとよいでしょう。

③複数のクレジットカードで限度額いっぱいに入金している

クレジットカードを複数枚持っている人は、そのすべての枠を使ってオンラインカジノに入金することになるでしょう。

そしてゲームに負ければ借り入れだけが残り、その返済ができずに破産することになります。

クレジットカードで入金する場合、それはあくまでもゲームを楽しむためのお金と考えておきましょう。

レクリエーションのための費用なので、クレジットカード使い過ぎないようにしたいものです。

オンラインカジノで作った借金で自己破産は可能なのか

オンラインカジノで借金を作り、その返済ができない場合は自己破産すれば借金から解放されるのでしょうか。

法律上はギャンブルによる自己破産は不可能とされている

法律上は、ギャンブルで作った借金は免除されないことになっています(破産法252条1項)。

つまり、ギャンブルで自己破産はできないということです。

これを知らずに返済のあてもないままにクレジットカードを作って借金をすると、大変なことになります。

いつまでも借金の取り立てが続く可能性があるので注意しましょう。

実際には妥当と判断されれば自己破産は可能なケースが多い

とはいえ収入がなく借金返済の目処が立たないとなれば、生活もできませんし返済も不可能となります。

そのため、実際にはギャンブルで作った借金の返済が不可能であれば、自己破産が認められるケースもあります(破産法252条2項)。

ただしあくまでも借金をするまでの過程を考慮されるものです。

返済する目処がないまま複数のカード会社から借り入れをするような行為は悪質なものと判断され、免除されない可能性があるので気をつけましょう。

カジノで作った借金を自己破産したらどうなる?

カジノで作った借金を自己破産で免除されたらどうなるのかを説明します。

自己破産によるメリット

自己破産によるメリットはまず、借金がなくなり生活を立て直せることです。借金の取り立てもなくなるので、精神的な負担から解放されます。

借金が残ったままでは、たとえ仕事をしてある程度の収入を確保できても生活が成り立たなくなります。

精神的な負担も大きいので、自己破産することにより心にも余裕が生まれることでしょう。

自己破産によるデメリット

自己破産によるデメリットはいろいろとあります。まず財産はすべて失いますし、ローンを組めなくなるので買い物も不便になります。もちろんクレジットカードも作れないので、現金収入で生活せざるをえなくなります。

何かあった時のお金の工面ができなくなるのは、大きなデメリットと言えるでしょう。

ただし自己破産をしてから最長で10年が経過すれば、再びクレジットカードを作れるようになります。

カジノ(オンラインカジノ)で破産をしないためのコツ

最後に、カジノで破産することがないようにポイントを説明します。

①自己規制ツールを活用する

オンラインカジノには「自己規制ツール」というものがあります。これを活用すれば、ついお金を使いすぎるということもなくなります。

具体的には入金の限度額の設定やプレイ時間の設定、損失制限などがあります。これらを事前に自分で行うことで、強制的に制限をかけられます。

一度設定をすれば、すぐには変更できないのが特徴です。

②余裕資金のみをベットする

カジノで破産をしないためには、とにかくお金を使いすぎないことです。生活費にまで手をつけることがないよう、余裕資金のみをレジャー費として使うようにしましょう。

大事なことはカジノで使ったお金を取り戻そうと考えないことです。

あくまでもレジャーとして使うお金であり、増やすためのものではありません。お金を増やす目的なら、金融商品などの投資にお金を使うべきです。

③カジノの成功談ばかりを見ない

ネットを見ればカジノでこれだけ稼いだ、という記事を目にします。そのような成功談を目にすると、自分にもそのチャンスがあるように錯覚します。

実際にスロットで大金を手にする人もいますが、それはごく稀なケースです。狙ってできるものではありませんし、宝くじを当てるような物だと考えたほうがよいでしょう。

そのため、カジノの成功談ばかり見るのはやめることをおすすめします。

④目標額・許容損失額を設定する

カジノは計画的に楽しむことが大切です。そこで具体的に、利益の目標額と損失の許容範囲を決めておきましょう。

利益が目標額に達したら出金し、損失が許容範囲を超えるようならゲームをストップすることが大事です。

ただしこれはあくまでも、運良く勝てたらの話です。目標額を設定したところで、勝てる保証は当然ながらありません、

⑤クレジットカードでの入金をやめる

クレジットカードは借金なので使わないようにしましょう。

あくまでもカジノで使うのは余剰資金となる現金のみにすることで、破産に至ることを回避できます。

クレジットカードでの入金は手軽なので、ついやりがちです。特に銀行送金となると手間がかかります。

しかし、手軽に入金できるということは、ついつい使い過ぎることにもつながるので危険です。その点を頭に入れておきましょう。

まとめ

カジノで破産する典型的な例は借金をするということです。ゲームで負けてお金を失うと、どうしてもそれを取り戻したいと考えてしまいます。

そこまでのめり込むことがないように、自分であらかじめ制限をすることが大事です。カジノはお金を増やすためのものではなく、あくまでもゲームを楽しむためのもの。

使ったお金はそのための費用と考えることが、最終的に自己破産をしないためにも大切です。

コラム