ブックメーカーに税金はかかる?所得税の計算方法や、会社にバレない方法を解説

ブックメーカーに税金はかかる?所得税の計算方法や、会社にバレない方法を解説

お金さん

お金さん

「ブックメーカーで得た利益には税金がかかるの?」
「ブックメーカーで利益が出たら確定申告は必要?」と、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ブックメーカーで一定金額以上の利益が出たら、確定申告をしなければなりません。

この記事では、ブックメーカーで利益を得たときにかかる税金を徹底解説します。税金を正しく理解して、ブックメーカーを楽しみましょう。

ブックメーカーでの利益は主に一時所得に分類される

ブックメーカーでの利益は主に一時所得に分類される

ブックメーカーで得た利益は、多くの場合、一時所得に分類されます。一時所得とは、ギャンブルなど日常的な労働以外の方法で得た収入のことです。日本では、ブックメーカーは競馬や競艇などと同じく、ギャンブルとして扱われます。

一時所得には、ギャンブルで得た利益の他にも、生命保険の一時金や法人から贈与された金品なども含まれます。

なお、ブックメーカーで副業並みの収入を得ていると認められた場合は、雑所得として利益を計上可能です。雑所得は一時所得と比較し、経費を落とせる範囲が広がります。ただし、ブックメーカーで得た利益を雑所得として計上できるかどうかは意見が割れるところです。自身で判断しかねる場合は、税理士に相談しましょう。

ブックメーカーで利益を得たら確定申告は必要?

ブックメーカーで利益を得たら確定申告は必要?

ブックメーカーで利益を得たら、確定申告は必要なのでしょうか。以下2つの場合に分けて解説します。

  • サラリーマンの場合
  • 学生や主婦の場合

注意しなければならないのは、利益と所得の違いです。利益とは、ブックメーカーで勝った金額そのもののことで、所得は利益から控除額を差し引いた金額です。

所得税のことだけを考えるなら、確定申告が不要なケースも存在します。しかし、住民税の場合は、1円でも利益が出たら市区町村に申告が必要です。確定申告をすると、所得税と連動して役所で住民税の額が算出されます。そのため、サラリーマンや学生、主婦に限らずブックメーカーで利益が出たら確定申告をするのが無難です。

以下では、所得税の観点から、確定申告が必要なケースを解説します。

①サラリーマン:70万円以上の利益で確定申告が必要

給与を受け取っているサラリーマンは、利益が70万円以上出た場合に確定申告をしなければなりません。一時所得には50万円の特別控除があります。確定申告が必要になるのは、特別控除額50万を差し引いても、所得が20万円以上になるときです。

特別控除を差し引いた結果、給与以外の所得が20万円以下になる場合は、確定申告が不要です。

ただし、複数の収入源から利益が発生している場合、それぞれを合算して所得を算出しなければなりません。たとえば、ブックメーカーで65万円、ブログ運営で10万円稼いだとします。この場合の所得は、65万+10万=75万円なので、確定申告が必要です。

②学生・主婦:98万円以上の利益で確定申告が必要

学生や主婦が確定申告をしなければならないケースは、ブックメーカーの利益が98万円を超えたときです。98万円とは、50万円の特別控除に48万円の基礎控除を足した金額です。基礎控除は、他の所得控除と違い、学生や主婦にも適用されます。

仮に、ブックメーカーで100万円の利益を得たとしましょう。所得は利益である100万円から、一時所得の特別控除50万円と、基礎控除48万円を引いた2万円です。所得税は、この2万円にかかります。

ブックメーカー以外からも収入を得ている場合、利益をすべて合算して所得を算出する必要があります。ただし、パートやアルバイトの給与収入は合算の対象に含まれません。

ブックメーカーで利益を得たときの税金の計算方法

ブックメーカーで利益を得たときの税金の計算方法

ブックメーカーで発生した利益から、税金を算出するために必要な計算式は以下の通りです。

  • 一時所得=ブックメーカーで得た利益-特別控除-経費
  • 課税所得=一時所得÷2
  • 所得税額=(課税所得×税率-控除額)×1.021(復興特別所得税)

具体例を用いて解説します。

ブックメーカーにて、1年間で100万円勝ったとします。経費は発生していないとして、一時所得を求めると、100万円-特別控除50万円=50万円です。

課税所得は、一時所得50万円÷2=25万円です。所得税を求める場合は、まず課税所得にかかる税率と、控除額を把握する必要があります。

税率や控除額の計算は、以下をご覧ください。

課税される所得金額税率控除額
1,000円から1,949,000円まで5%0円
1,950,000円から3,299,000円まで10%97,500円
3,300,000円から6,949,000円まで20%427,500円
6,950,000円から8,999,000円まで23%636,000円
9,000,000円から17,999,000円まで33%1,536,000円
18,000,000円から39,999,000円まで40%2,796,000円
40,000,000円以上45%45%

引用:国税庁公式HP

課税所得が25万円の場合、税率は5%で控除はありません。これを所得税額を求める計算式に当てはめると、所得税額は25万円×5%×1.021=12,762.5円です。

確定申告の手順を3ステップで解説

確定申告の手順を3ステップで解説

確定申告を行う方法は、以下の3ステップです。

  1. 収支を計算する
  2. 確定申告書を作成・提出する
  3. 所得税を納める

確定申告は難しいイメージがありますが、しっかりと手順を確認すれば正しく行えます。それぞれ、順を追って解説します。

①収支を計算する

まずは、ブックメーカーでの収支を計算しましょう。収支を計算するときのポイントは、以下の3つです。

  • 経費になるのは、勝利したベットの賭け金のみ
  • 1月1日〜12月31日に参加したゲームが対象となる
  • 年間収支がマイナスでも、勝利したベットの金額は利益として扱う

ブックメーカーのアカウントには、日付や利益、賭け金の履歴が保存されています。確定申告の対象となるのは、ベットで得た利益のみです。

勝利したベットの賭け金は経費として計上できますが、負けたベットの賭け金は計上できないので、注意しましょう。

②確定申告書を作成・提出する

計算した収支をもとに、確定申告書を作成します。確定申告書は、国税庁HP内の確定申告書等作成コーナーや、freeeなどの会計ソフトで作成すると便利です。確定申告書の提出方法は、以下の3つです。

  • 所轄の税務署に持参する
  • 所轄の税務署に郵送する
  • e-Taxで送信する

提出の際は、収支計算表も添付しましょう。持参や郵送で提出する場合は、本人確認書類の提出が必要です。なお、確定申告書には青色申告書と白色申告書があります。青色申告書は事業所得用なので、ブックメーカーで得た利益にかかる税金の申請には、白色申告書を使います。

③所得税を納める

申告した所得税を、期日までに納めましょう。所得税の納付方法は、以下の5つです。

  • 口座振替
  • e-Taxによる電子納税
  • クレジットカード払い
  • コンビニでの支払い
  • 銀行や税務署の窓口での支払い

令和3年分の所得税の納期限は3月15日(火)、口座振替日は、4月21日(木)です。詳細については、国税庁のHPをチェックしておきましょう。

ブックメーカーにおける税金のポイント2選

ブックメーカーにおける税金のポイント2選

ブックメーカーで利益が発生していることを会社にバレたくない人や、節税できないかと考えている人もいることでしょう。以下では、会社にバレたくないときの対処法や、節税対策について解説します。

①会社にバレたくないときは住民税を普通徴収にする

ブックメーカーの利益があることを会社にバレたくない場合は、住民税を普通徴収にするのがおすすめです。住民税の納付方法は、普通徴収と特別徴収の2種類あります。

普通徴収は自分で住民税を納付する方法です。毎年6月に市区町村から自宅へ、住民税決定通知書と納付書が送られます。普通徴収では、年4回に分けて住民税を納付します。

特別徴収は、毎月の給与から天引きする形で支払う方法です。サラリーマンなら、特別徴収で住民税を支払っていることがほとんどでしょう。特別徴収の場合、住民税決定通知書は会社に送られます。

通知書には住民税の金額が記載されていますが、住民税の額が給与額の割に高いと、会社にバレる恐れがあります。住民税を普通徴収で納めるなら、確定申告書の「住民税に関する事項」にて「自分で納付」を選択しましょう。

②ブックメーカーの出金履歴は節税対策に関係ない

ブックメーカーから出金をしなければ、節税対策になると考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、ブックメーカーの出金履歴は、節税対策には関係ありません。

ブックメーカーの利益は出金したときではなく、ベットに勝利した瞬間に発生したとみなされるためです。有効な節税対策は、できるだけ利益を一時所得の特別控除額である50万円以下に収めることです。なお、海外に送金しても所得を隠すことはできないので、注意しましょう。

信頼できるおすすめのブックメーカー3選

信頼できるおすすめのブックメーカー3選

以下では、安心して利用できるおすすめのブックメーカーを3つ紹介します。

  • Beebet
  • Sportsbet.io
  • bet365

いずれも公式ライセンスを取得しているブックメーカーなので、信頼できます。どのブックメーカーでも、さまざまなボーナスが用意されているので、上手く使えばお得に利用できるでしょう。

①Beebet|日本人オペレーターのサポートが受けられる

①Beebet|日本人オペレーターのサポートが受けられる

引用元:Beebet公式HP

2020年にサービスを開始した新しいブックメーカーです。厳格な審査で有名なキュラソーライセンスを取得しています。チャットサポートでは、日本語での問い合わせが可能です。

Beebetのスポーツベットは、高校野球からオリンピック競技まで幅広いです。格闘技やテレビスペシャルのベットもできます。また、カジノゲームは1,000種類以上用意されていることも特徴です。登録すると、最大40ドルの入金不要ボーナスがもらえます。

入金方法クレジットカード
コンビニ決済
銀行入金
ビットコイン
電子マネー
出金方法銀行出金
クレジットカード
電子マネー
最低入金額$10
出金手数料なし
出金上限額$10,000/回
対応ゲームスロット
ジャックポット
テーブル
バカラ
ブラックジャック
ルーレット

>>2022年最注目オンカジ!<<
入金不要ボーナス$40&最大$500の100%入金ボーナスをGET!

  • ビデオスロットで遊べる入金不要ボーナス$40進呈中!
    ボーナスコード:GEKIATSU40(当サイト限定)
  • もしくはスポーツで遊べる$10のフリーベット進呈中!
    ボーナスコード:SPORTS10

スポーツとビデオスロットでクーポンコードが異なるので注意してください。

②Sportsbet.io|様々なスポーツに対応している

②Sportsbet.io|様々なスポーツに対応している

引用元:Sportsbet.io公式HP

仮想通貨専用のオンラインカジノ「ビットカジノ」が運営するブックメーカーです。海外の有名なサッカーチームとパートナーシップ契約を結んでいることが特徴です。キュラソーライセンスも取得しているため、信頼性の高いブックメーカーと言えます。

特にユーザーから人気の機能が、「プライスブースト」です。1スポーツにつき毎日1試合、オッズを自分で上げることのできる機能です。オッズを上げたベットに勝つと、勝利金が高くなるので、積極的に利用しましょう。

登録はメールアドレスとパスワード、生年月日のみでできるため、匿名性を保ってプレイしたい人におすすめです。

入金方法クレジットカード
銀行送金
仮想通貨
電子マネー
出金方法クレジットカード
銀行送金
仮想通貨
電子マネー
最低入金額Muchbetter:1,000円
Sumopay:5,000円
仮想通貨:0.00025円、0.005ETH、0.05LTCなど
出金手数料仮想通貨:なし
※ほかの出金方法の場合は外部サービス手数料が発生
出金上限額Muchbetter:250万円
Sumopay:100万円
仮想通貨:上限なし
対応ゲームライブディーラー
Bombay Club
スロット
ルーレット
ビデオビンゴ
ブラックジャック
バカラ

③bet365|世界的に有名なブックメーカー

③bet365|世界的に有名なブックメーカー

引用元:bet365公式HP

ユーザー数6300万人を誇る、150カ国20言語に対応しているブックメーカーです。取得が難しいと言われるマルタライセンスを取得しているため、安心して利用できるでしょう。

人気の理由は、数多くの試合をライブストリーミングで配信していることです。口座に$0.1以上入金しておけば、無料でライブストリーミングを見られます。ベットはせずに、純粋にスポーツ観戦を楽しみたい人にもおすすめです。

試合中にリアルタイムでベットする、ライブベットもできることも魅力の一つ。また、サイトがサクサク動いてストレスフリーで使えるとも評判です。

入金方法クレジットカード
デビットカード
銀行送金
電子マネー
出金方法クレジットカード
デビットカード
銀行送金
電子マネー
最低入金額クレジットカード/デビットカード:700円
ecoPayz/AstroPayカード:1,000円
銀行送金:2万円
出金手数料無料
※28日以内に再出金するときは900円
出金上限額クレジットカード/デビットカード/ecoPayz:300万円
銀行送金:400万円
対応ゲームルーレット
ブラックジャック
バカラ
ポーカー
メガウェイズ
オリジナルゲーム
bet365の画像

ブックメーカーと税金についてのFAQ

ブックメーカーと税金についてのFAQ

ブックメーカーの利益は雑所得として計上できますか?

原則できません。ほとんどの場合、ブックメーカーの利益は一時所得に分類されます。雑所得にするには、ブックメーカーを投資目的で利用していることを証明する必要があります。たとえば、機械的に取引を行なっていたり、利益を出すために負け試合にも必ずベットする必要があったりなどです。

どうすれば経費を証明できますか?

アカウントに記録されている、ベット履歴のプリントアウト画面や、税金の計算書を提出すれば証明できます。一時所得の場合、経費として認められるのは勝利したベットの賭け金です。パソコン代や通信費などを経費として計上するには、ブックメーカーでの利益が雑所得であることを証明しなければなりません。

まとめ:税金を正しく理解してブックメーカーを楽しもう

ブックメーカーで得た利益は、原則一時所得に分類されます。サラリーマンの場合は70万円の利益から、学生や主婦の場合は98万円以上の利益が出たら、確定申告をしましょう。ただし、住民税の場合は1円でも利益があれば申告しなければなりません。トラブルを回避するためには、利益を得たら、金額によらず確定申告をしておいた方が良いでしょう。

ブックメーカー