ブックメーカーで勝てない原因は?攻略法やおすすめの機能も紹介

ブックメーカーで勝てない原因は?攻略法やおすすめの機能も紹介

お金さん

お金さん

「ブックメーカーでなぜかいつも勝てない…」

「ブックメーカーで勝つためにはどうしたらいいの?」

上記のような悩みを抱えている人は、きっと多いことでしょう。攻略法を試しているものの、なかなか利益が上がらない経験をした人もいるはずです。

この記事では、ブックメーカーで勝てない理由5選と対策法を徹底解説。ブックメーカーで勝てないときの攻略法や、おすすめの機能も紹介します。ブックメーカーでプラス収支を上げられないとお悩みの人は、ぜひご覧ください

ブックメーカーで勝てない原因と対策5つ

ブックメーカーで勝てない原因と対策5つ

ブックメーカーで勝てない原因は、主に下記の5つです。

  1. 回収率より的中率を重視している
  2. 試合・スポーツ選びが悪い
  3. ライブベットを活用していない
  4. 資金管理がおろそかになっている
  5. ベットのやり方や金額が悪い

以下では、それぞれの原因を深掘りし、対策を提示します。

①回収率より的中率を重視している

ブックメーカーで利益をあげるには、トータルの収支をプラスにすることが大切です。そのため、重視すべきは的中率ではなく、回収率です。

たとえば、的中率が9割以上だとしても、一回の負けで全ての利益を失っては意味がありません。逆に、的中率が低かったとしても、トータルでプラスになれば問題ないのです。ブックメーカーに慣れてくると、予想を的中させることに意識が向きがちです。

視座を高く持ち、月ごと、さらには年間の収支をプラスにすることに意識を向けましょう。意識が変われば、賭け方も変わるはずです。

②試合・スポーツ選びが悪い

スポーツベットには、予想を的中させやすいスポーツとそうでないスポーツがあります。そのため、試合やスポーツの選び方が悪い場合には、ブックメーカーで勝つことは難しいでしょう。

結果を予想しやすいスポーツとは、テニスなどの実力差が覆りにくいものです。逆に、サッカーなどはジャイアントキリングが起きやすく、必ずしも実力通りの結果にならない場合があります。

また、特定のスポーツに詳しくなり、予想の精度が上がれば試合選定も上手くできます。回収率の方が重要とはいえ、無駄な負けが多いと利益は上げられません。賭けるスポーツは得意なスポーツ1〜2種類に絞り、経験を積んで的中率を上げることも大切です。

③ライブベットを活用していない

現在進行中の試合にベットできるライブベットを活用していない人は、ぜひ活用しましょう。ライブベットには、以下の特徴があります。

  • 負けそうな試合へのリスクヘッジができる
  • ライブストリーミング映像で選手の状態を観察しながらベットできる
  • リアルタイムで試合データを見ながらベットできる
  • ハーフタイム、ワンセット単位でベットできる

総じて、現在の試合の状況に応じてベット内容を調整できる点が優れています。ライブベットを上手に使うことで、損失を少なくしたり、より高確率で予想を的中させたりすることが可能です。

④資金管理がおろそかになっている

オッズの細かい計算や、賭け金に対しての払い戻しの計算ができなければ、効率的に利益を上げられないでしょう。ブックメーカーで勝つためには、しっかりと資金の管理をしましょう。具体的な資金管理の方法は、以下の3つです。

  • 収支表をつける
  • 1試合、1日の賭け金を決める
  • 損切りをするタイミングを決める

特に、負けが込んでいると、収支表をつけることが億劫に感じるかもしれません。しかし、現実から目をそらさず、自分の成績と向き合わないとプラス収支は実現できないでしょう。

⑤ベットのやり方や金額が悪い

オッズによってベット先を決めることは、ブックメーカー初心者によくありがちなミスです。日本の競馬と違い、ブックメーカーのオッズにはプレイヤーの意思が反映されていないため、低オッズ=人気とは限りません。そのため、オッズで予想を変えることは得策とは言えないのです。

ベットする金額が適正でない場合も、効率的に利益を上げることは難しいでしょう。資金に対して、毎回のベット金額が大きいと、負けたときの損失が大きくなってしまいます。資金が0になってしまったらゲームオーバーです。ベット額は全資金の10~30%にとどめ、次の試合の資金を確保したうえでプレイしましょう。

ブックメーカーで勝つために使うべき機能3選

ブックメーカーで勝つために使うべき機能3選

ブックメーカーで勝つためには、数々の便利機能を使いこなすとよいでしょう。数ある機能の中でも、特におすすめなのは3つです。

  1. マルチベット
  2. ダブルチャンス
  3. キャッシュアウト

それぞれ詳しく解説します。

①マルチベット

複数の試合に賭け、それぞれのオッズを掛け合わせられる賭け方です。オッズを掛け合わせることで、より高い利益を得られます。通常のベットとマルチベットの違いは、以下の表の通りです。

倍率得られる倍率
通常の賭けA試合3.0+B試合2.05倍
マルチベットA試合3.0×B試合2.06倍

複数の試合にそれぞれ賭けるよりも、マルチベットを利用した方が大きな利益を狙えることがわかるでしょう。的中させる難易度は上がりますが、当てる自信がある場合は活用してみてください。

②ダブルチャンス

3択の試合結果の中から2つを選ぶ賭け方です。サッカーで多く採用されている機能で、選んだ2択のどちらかが当たれば配当金を得られます。的中率が3分の2と高いため、堅実に勝ちを拾いたい場合に適しています。

比較的低リスクの方法なので、ハイリスクハイリターンのベット方法と組み合わせてリスクヘッジをするなどの工夫もできるでしょう。

③キャッシュアウト

試合の途中で損切りや利益確定ができる機能です。搭載されているかはブックメーカーによりますが、キャッシュアウトには以下の3種類があります。

全額キャッシュアウト賭け金全額を試合途中でキャッシュアウトする
パーシャルキャッシュアウト賭け金のうち一部だけをキャッシュアウトする
オートキャッシュアウト含み損益が一定金額に達したらキャッシュアウトする

現在はリードしているものの、逆転される予感がしたときは利益確定を、負けが濃厚なときは損切りするといった使い方が有効です。キャッシュアウトは資金管理に便利な機能ですが、利用できるスポーツが限られる点に注意しましょう。

ブックメーカーで勝ちたいならBeebetがおすすめ

ブックメーカーで勝ちたいならBeebetがおすすめ

引用:Beebet公式HP

スポーツベットをするなら、ライブベットが可能なBeeBetがおすすめです。20種類以上のスポーツが用意されているので、自分の得意なスポーツで勝ちを狙いましょう。いくつかのスポーツではライブストリーミングも随時開催されており、ライブベットも可能です。また、K-1やRIZINなどの格闘技にもベットできる点が魅力的です。

入金手段クレジットカード、コンビニ決済、ビットコイン、電子マネー、銀行入金
出金手段銀行出金、クレジットカード、電子マネー
日本語サポートの有無
取り扱いスポーツ野球、サッカー、バスケットボール、ゴルフ、テニス、MMA、ボクシング、F1、アイスホッケー、アメフト、サイクリング、スヌーカー、バレーボール、ハンドボール、ラグビー、バドミントンなど20種類以上
新規特典カジノで使える$40、もしくはスポーツで使える$10ボーナス
クーポンコード
カジノ用「GEKIATSU40」
スポーツベット用「SPORTS10」
※アカウント登録時にクーポンコードを入力してください。

>>2022年最注目オンカジ!<<
入金不要ボーナス$40&最大$500の100%入金ボーナスをGET!

  • ビデオスロットで遊べる入金不要ボーナス$40進呈!
    ボーナスコード:GEKIATSU40(当サイト限定)
  • もしくはスポーツで遊べる$10のフリーベット進呈!
    ボーナスコード:SPORTS10

スポーツとビデオスロットでクーポンコードが異なるので注意してください。


BeeBet(ビーベット)ってなに⁈おすすめできる点や口コミ・評判を徹底解説

入金不要ボーナス$40プレゼント中!オンラインカジノ&スポーツブックBeebet(ビーベット)についておすすめできる点や悪い点、入金出金手段に加えて口コミやボーナス情報まで徹底的に解説していきます。

ブックメーカーの攻略法に関するFAQ

FAQ

ブックメーカーに必勝法はある?

ありません。スポーツは人間が行う以上、100%予想が当たることはないためです。一定の確率で負けることを理解した上で、トータルで収支がプラスになることを目標にすると良いでしょう。

ブックメーカーで転がしをすれば勝てる?

勝てる可能性はあります。ただし、一度でも負けると全ての利益を失うので、引き際が重要です。

まとめ:ブックメーカーで勝つためにはコツがある

ブックメーカーで勝つためには資金繰りを徹底し、さまざまな機能を使いこなすことが重要です。最終的な収支がプラスになるよう戦略を練り、資金管理を徹底しながらベットに臨みましょう。この記事で紹介した5つのポイントを押さえて、ぜひプラス収支を実現してください。

ブックメーカーを利用するなら、20種類以上のスポーツに賭けられるBeeBetがおすすめです。ライブベットも充実しているため、リアルタイムでスポーツを観戦しながら賭けを行えます。

ブックメーカー